編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

米マイクロソフト、.NET Frameworkのソースコードを年末にも一部公開

原井彰弘

2007-10-05 14:34

 10月3日、米Microsoftは.NET Framework付属のクラスライブラリのソースコードを、一部公開する予定であることを明らかにした。同社のScott Guthrie氏がブログで明らかにした

 公開は、今年末にリリースされる.NET Framework 3.5、Visual Studio 2008(VS 2008)と合わせて行われる。公開される予定のソースコードは、System、System.IO、System.Collectionsなどのネームスペースを含む「.NET Base Class Libraries」、ASP.NET、Windows Forms、ADO.NET、XML、WPF。コード中のコメントもそのまま公開されるという。また、順次公開するソースコードを増やしていくとのことで、WCFやLINQのソースコードもいずれ公開されるという。

 ソースコードが公開されることによって、VS 2008ではクラスライブラリのコードをデバッグ時に参照して、ブレークポイントを張ったりステップ実行を行ったりすることが可能になる。

 なお、公開はMicrosoft Reference Licenseのもとで行われる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]