編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

米マイクロソフト、「.NET Micro Framework 2.0」のSP1をリリース

原井彰弘

2007-09-20 11:29

 9月18日(米国時間)、ボストンで開催されたEmbedded Systems Conferenceにおいて、米Microsoftは組み込み機器向けフレームワーク「Microsoft .NET Micro Framework 2.0」のService Pack 1(SP1)がリリースされたことを発表した。

 SP1によって、署名されていないファームウェアやアプリケーションコードをデバイスにインストールできないようにすることが可能になった。また、ビットマップフォントを生成する新しいツールが提供されたことにより、アプリケーション開発者がインタフェース設計や多言語化をよりきめ細かく行うことが可能になったという。

 Microsoftは、SP1の新機能は精密に設計されたものであり、デバイスのソフトウェアを更新する際に必要となる手間の緩和や、製造プロセスの合理化に寄与するとしている。

 この発表と同時に、MicrosoftはAtmel、NXP、Adeneoといった複数のパートナー企業が、.NET Micro Frameworkを他の開発プラットフォームに移植し、新製品をリリースすることも発表した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]