編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

日本IBM、大阪府および高槻市と「環境シンポジウム」を共催--森林保全活動も実施

CNET Japan Staff

2007-10-05 19:18

 日本アイ・ビー・エム(日本IBM)、大阪府および高槻市は10月5日、高槻現代劇場(大阪府高槻市)において2007年11月1日に「IBM環境シンポジウム 2007」を開催することを発表した。

 シンポジウムでは、三輪大阪府副知事、奥本高槻市長のほか、「環境との調和」を目指した独創的な建築で世界的に注目を浴びる建築家の安藤忠雄氏が講演を予定。また、最近注目されている金融機関の環境への取り組みなどを紹介するセミナーやセッションを開催する。

 さらに、日本IBM社員とその家族が取り組んでいる地球温暖化防止のための参加型環境プログラム「ECOマラソン」の事例も紹介。会場施設内では、地元企業の環境配慮製品や環境活動を展示する。

 IBM環境シンポジウム2007への参加は無料。日本IBMのウェブサイトから申し込む。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]