編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

NTTコムウェア、災害情報を直接手で触って操作できるシステムを開発

松田真理(マイカ)

2007-10-11 07:00

 NTTコムウェアは10月10日、タンジブル・ユーザインタフェースを利用し、災害情報を可視化する「タンジブル災害情報管理システム」を開発したことを発表した。

 タンジブル・ユーザインタフェースとは、マサチューセッツ工科大学メディアラボの石井教授が提唱した次世代のユーザインタフェース技術。デジタル情報に物理的実体を与え、デジタル情報に直接手で触って操作できるものなどがある。

 タンジブル災害情報管理システムにより、災害対策本部などに集められる通報や映像などの情報を、机上に投影された地図上に整理して表示できる。操作は「パック」という駒を利用し、あたかも表示されている情報に直接触れるような感覚で参照できる。

 今後は、ヘリコプターから送られてくる位置情報や映像、通話音声など、幅広い情報の管理に対応する予定だ。また、情報補完を目的としたシミュレーション機能の仕組みについても検討する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅

  2. コミュニケーション

    Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!

  3. クラウドコンピューティング

    データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件

  4. 経営

    脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説

  5. コミュニケーション

    事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]