編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

フォトレポート:大バーストしたホームズ彗星に「尾」が出現 - 8/10

文:CNET News.com Staff(CNET News.com) 翻訳校正:吉武稔夫、福岡洋一

2007-11-09 10:52

 10月24日、ホームズ彗星は増光(アウトバースト)を起こしてごく短い間に元の約40万倍という明るさに達し、観測者たちを驚かせた。それまでは高倍率の望遠鏡でようやく観測できる小さな点に過ぎなかったホームズ彗星は、このアウトバーストによって肉眼でも容易に確認できる緑色の輝く天体となった。そして今度は、青白い「尾」まで出現した。正式には「17P/Holmes」として知られるホームズ彗星は、1892年に発見された (発見当時の写真は最後のページで紹介する)。科学者たちは、この彗星の突然の変化に驚き、その原因について頭を悩ませている。彗星表面の崩壊が起こったのかもしれないし、小型の天体に衝突した可能性もある。科学者たちは、あと数週間のうちには大量放出されたガスが散逸し、現在の光度も失われていくと予測している。この彗星には1つ欠けていたものがあった。それは、彗星特有の「尾」だ。しかし、Jack Newton氏は11月5日、観測中にその尾の存在をとらえた。
 拡大して光を放つホームズ彗星のフレアを見事に捉えた別の写真。

 拡大して光を放つホームズ彗星のフレアを見事に捉えた別の写真。

提供:Eduardo Hernandez/Observatorio del Nazas

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]