編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

「データ」って、そもそも何だったっけ?(ZDNet Japanブログより)

米野宏明(マイクロソフト)

2007-11-12 21:27

 今回は 「データ」 の本質を考えてみたいと思います。BI は一般に、ビジネス データから知恵 (Intelligence) を生み出す仕掛けとされます。たとえば売上データをあれこれこねくり回してみて、問題点や法則性を見つける。ところがこれが結構難しい、とは以前ご説明のとおりです。だからこそ、データの本質を考えることで近道を見つけたいという次第。

 「データ」 とは?我々、日常生活で 「データ」 とか 「情報」 とか、気軽に使いますが、たぶんはっきり意識して使い分けていませんよね。なんとなく、デジタルっぽい感じのものをデータとか、ちょっとリアルっぽいものが含まれていると 「情報」 と言ってみているだけの話で。「情報技術」 っていうぐらいですから、「情報」 のほうが上位概念でしょう。

全文はこちら--「大競争時代のBI活用術」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]