編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

Teradata Partners開幕--SASとの協業や新製品発表で分社化に花を添えたテラデータ

山下竜大(編集部)

2007-10-09 17:20

 Teradata Corporationは10月7日〜11日の5日間、ネバダ州ラスベガスにおいて同社の年次ユーザーカンファレンス「2007 Teradata Partners Confarence & Expo」を開催している。カンファレンスの実質的な初日となる10月8日、基調講演にTeradataの社長兼CEO(最高経営責任者)であるMichael F. Koehler氏が登場。同社の現状と新たな戦略について紹介した。

 今から28年前の1978年、データウェアハウス(DWH)専用のリレーショナルデータベースを並列サーバに搭載したアプライアンスを提供する会社としてTeradataは誕生。その後、1992年にNCR Corporationに買収されたことでさらにビジネスを拡大。その実績をもとに、2007年10月1日にNCRから独立し、新たなスタートを切っている。

 Koehler氏は、「2003年から3年間でTeradata事業部の売り上げを16億ドルへと成長させ、パートナー数も3倍になった。また、コンサルティング事業部は、年間64%で成長を続けている。こうした我々の成功は、DWHに100%フォーカスしたビジネス展開が、競合他社への差別化になっていることが最大の要因だ」と語る。

 同氏が言う、DWHに100%フォーカスした戦略が、アクティブエンタープライズインテリジェンス(Active Enterprise Intelligence:AEI)だ。AEIは、「Manage(管理)」「integrate(統合)」「Use(使用)」の3つの要素で構成される同社のビジネス戦略。エンタープライズDWHからバックオフィスまでの利用者に“戦略的なインテリジェンス”を提供すると共に、業務担当者に“オペレーショナルなインテリジェンス”を提供する。

 Koehler氏は、「我々はAEIに基づき、ベストなデータベースエンジンと、ベストなDWHプラットフォームにより、企業内のデータを一元化することで、迅速に洞察し、次の行動に生かせる(カンファレンスのテーマである“Insights into Action”)、より良い意思決定支援を実現する。これにより、戦略的なインテリジェンスとオペレーショナルなインテリジェンスを両立させている」と話す。

 そこで同氏は、ベストなデータベースエンジンである「Teradata 12」およびベストなDWHプラットフォームである「Teradata 5500 Server」を発表した。Teradata 12は、複雑な分析のための処理能力を向上させたほか、ミッションクリティカルな可用性を実現。パフォーマンスやワークロード管理など、AEIを実現するための機能を強化している。

TeradataのMichael F. Koehler氏 「迅速に洞察し、次の行動に生かす(Insights into Action)ことがビジネスの成功の鍵」と話すTeradataのCEO、Michael F. Koehler氏。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]