編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

安全・安心なユビキタス社会の実現―NEC - (page 3)

宮本利明

2007-11-14 15:40

環境とITソリューション

 環境活動としてNECは「2010年度にCO2排出を実質ゼロ」を2002年に発表している。ここで定義しているCO2排出量とは、ユーザーがNEC製品を使用したことで発生する排出量とNECが生産活動中で生じる排出量である。これに対するCO2削減量とは、NECのITソリューションの提供を通じたユーザー、社会でのCO2排出量を削減することを指す。「Co2排出量−Co2削減量=ゼロ」という計算式だ。

 こうした取り組みを展開してきている同社はすでに、これまで培ってきたノウハウをもとに「環境経営のノウハウを環境ビジネスへ」という次の段階へシフト使用としている。

 同社は、2007年5月に環境ソリューション事業強化を発表している。ユーザーの視点で環境業務を4つに体系化してソリューションを形成している。その4つとは「ITで考える・ITで識(し)る・ITで律する・ITで癒す」である。環境ソリューションの提案件数を、同社は社員に課しており、事業強化への取り組みは時代のニーズとともに社員の意識もあると言えるのかもしれない。

 NECの、安全・安心なユビキタス社会への実現に取り組む企業姿勢の一部を垣間見た時、継続性に加えて、グローバル企業とは言っても、一企業から始まるスパイラルは日本の総力を呼び覚ますフックになるかは、2010年のエンタープライズコンピューティング市場の動向を見た時に答えがあるはずだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]