「ペタフロップス」からF1カーまでカバーするスーパーコンピューティング

文:Gemma Simpson(Silicon.com) 翻訳校正:株式会社アークコミュニケーションズ、坂野裕史

2007-12-14 08:00

 毎秒1000兆回の演算処理を意味する「ペタフロップス」の突破が近づいてきたスーパーコンピューティングの分野。F1カーの開発にまで利用されるようになったこの分野の現状をQ&A形式で紹介する。

--スーパーコンピューティング?マントを付けてタイツをはき、キーボードの上に浮かんでいるパソコンなんてあったっけ?

 またご冗談を。スーパーコンピュータっていうのは、処理能力や速さの面で最先端にあると考えられているコンピュータのことだよ。

--どんなコンピュータなら「スーパー」コンピュータになるの?

 速さがすべての基準で、最速クラスのコンピュータがスーパーコンピュータと呼ばれるんだ。でも、スーパーコンピューティングという言葉が指すものはかなり流動的で、ある時点のスーパーコンピュータが少ししたらごく普通のコンピュータになっていることも珍しくない。

 いつの時点でも、信じられないような速さで動作する有名なスーパーコンピュータがいくつかあるのが普通だね。IBMは半年ごとのスーパーコンピュータのランキングで、また圧倒的な成績を収めたんだけど、その中で同社のBlue Gene/Lというモデルがトップに立った。

 Blue Geneについては後でもう少し話すけど、IBMは現在、「Roadrunner」という愛称で呼ばれるコンピュータの開発にも取り組んでいて、これが全面的に稼動すると毎秒1000兆回(「ペタフロップス」)を超える演算を実行できるようになる。

--スーパーコンピュータってどんな形なの?

 デザインやレイアウトはスーパーコンピュータごとに違っているけど、ほとんどはコンピュータのクラスタを使って処理能力や速さをアップさせている。

 2007年11月時点のスーパーコンピュータトップ500ランキングで最速のマシンはBlue Gene/Lだけど、これは6万5536台のコンピュータから成るクラスタで、各コンピュータには2つのデータストリームを同時に処理できる2基のプロセッサが組み込まれているんだ。

--じゃあ、Blue Gene/Lが世界最強のコンピュータなの?

 そうだとも、違うとも言える。Blue Gene/Lは現に存在するものでは最強のスーパーコンピュータなんだけど、「Storm Worm」(マルウェア)を仕掛けた犯罪者たちが作り上げたボットネットには数百万台のコンピュータが含まれていて、全体での計算能力はBlue Gene/Lを凌いでいるんだ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]