フリーライドから一歩進んで大人になろう--オープンソース支援のためにできる10のこと

2008年01月15日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 われわれの大半は、オープンソースが良いことだということに同意するだろう。しかし、新鮮な果物や運動が身体に良いと言うのと同様に、オープンソースを口先で誉めるだけで何の行動もとらずに済ませるのはたやすいことである。

 オープンソースは本質的に壮大なアイデアに基づいており、それを厄介なものと捉える人もいれば革新的なものと捉える人もいる。このアイデアの根本にはコラボレーションがある。つまり参加だ。大勢の人が有益なものを作るために協力するということである。言い換えれば、自身の時間を提供し、その他の人々の時間という見返りを受け取るということなのだ。

 大勢の人がバグを発見して修正し、ニーズに対して迅速に対応する。これがオープンソースのマントラである。そして、人々が作業を分担したからこそ優れたソフトウェアが自由に利用できるようになっているということを示す素晴らしい例は数多く存在している。

 ソースコードが公開されているため、理論上は誰でも開発に参加し、オープンソースソフトウェアに機能を追加することができる。こうした改善は、その他の人々も利用できるようコードに反映されるのだ。

 あなたがオープンソースを利用するだけで満足しているのであれば、それでも問題はない。しかし、あなたが貢献したいと思っても(自らの抱えている問題に取り組んでいる人が他にいないという理由、あるいは今まで利用してきた対価を支払いたいというシンプルな理由であっても)、どこから手をつければよいかがわかりにくいこともあるはずだ。以下に挙げた項目を読んで、あなたもオープンソースに参加しようと思っていただければ幸いである。

1.有名なオープンソースソフトウェアを使ってみる

 Linuxを試してみるのは難しいことではない。予備のシステムがあるのであれば、無料のエディションの1つをインストールしてその動作を見てみてほしい。Linuxは、他のどのようなOSと比べても、古くて低機能なハードウェアで快適に動作する。インストールしてみれば、Linuxには数多くの有益なソフトウェアが搭載されており、制限が非常に少ないということがわかるはずだ。

 しかし、Windowsを(企業のポリシーのため、あるいはどうしても使い続ける必要のあるソフトウェアがMicrosoftのOSでしかサポートされていないために)使い続けなければならない場合であったとしても、オープンソースソフトウェアはWindows用にも数多く存在している。

 Firefoxのダウンロードは簡単であり、その支持者らによればFirefoxはInternet Explorerよりも安全でセキュアだ。Firefoxを利用していくうちに、その世界で名の通った開発者によって提供された、追加可能な拡張が用意されていることもわかるはずだ。

 また、OpenOffice.orgというソフトウェアもある。これはMicrosoft Officeと競合関係にある生産性ツールスイートだ。Linuxの専門家であるAlan Cox氏は「Linuxの世界以外でもオープンソースを利用するチャンスはたくさんある」と述べるとともに、「Windows上で行われているウェブベースのプログラミングの多くには、OpenOffice.orgやFirefox、PHP、Perlを始めとするオープンソースのツールが用いられている」と述べている。

 あなたがオープンソースを利用するのであれば、他の人にもそうするように勧めることだ。そして勧められた人々も同様に他の人に勧めることで、コミュニティが大きくなっていく。そのため、オープンソースを学習したり試してみたりするために時間をとるだけでも、オープンソースへの恩返しができるのだ。

2.会社で新システムを検討する際には、必ずオープンソースを選択肢として含めるようにする

 Vista導入の壁に直面しているWindowsユーザーは、今すぐこれを実践しよう。ユーザーに新OSを利用させようとすれば再トレーニングが必要となる。歴史的に見た場合でも、大規模な数のユーザーをLinuxへと移行させることは困難であった(ただし、移行に対するこの障壁は誇張されてきたと考えている人は多い)。

 しかし、Windows Vistaであまりにも大幅な変更が行われたことで、Windowsを使い続けたとしても今や、次のバージョンに移行するためのトレーニングコストがかかるようになっている。

 Cox氏は、全面的にオープンソースへと移行しない場合であっても、購入するハードウェア上でLinuxやSolarisが稼働するかどうかを将来に備えて確認しておく価値は十分にあるという。そうしておくことで、そのハードウェアを再利用したり、計画が変更になった場合でも有益に使用することができるのである。

3.オープンソース関するオンラインディスカッションフォーラムに参加する

 アドオンを探したいときや問題を明確にしたいときには、オンラインフォーラムに参加することになるだろう。フォーラムの投稿をいろいろと読んでみたり、FAQを読んだり、他の人の質問をざっと読んだりすることで、求めていたものを手に入れられる場合も多い。しかし、あなたの質問に適切な答えが見つからなかったとしても落胆することはない。それは、他の人々と交流するチャンスがあなたに訪れたということなのだ。質問してみれば、親切で役に立つ回答が得られる可能性は高い。そしてその回答は後で誰か他の人の役にも立つのだ。

 あなたは新しい情報を追っていけるようになる。また、やがては後から参加してきた人々の質問に答えるようになっていることだろう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]