編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

シリコンバレーの現場から--やっぱり火星人はいた!?(ZDNet Japanブログより)

徳田浩司(Fusion Reactor)

2008-01-16 18:34

 「シリコンバレーの現場から」と言いながら、そもそもどんな場所かご存じない方もいらっしゃると思われるので、今回、ご紹介したいと思う。

 私が暫定CFOを勤めるSkipper Wirelessのオフィスは、MountainView市とPaloAlto市の境にある。サンフランシスコからサンノゼまで走っている主要幹線道路である Highway101沿いにあり、サンフランシスコ国際空港から20マイル(約35Km)南東に下ったところである。巨大なキャンパスが広がる Google本社と、そのデータセンター子会社及びワイヤレス基地局などに隣接している。東にはNASAの研究施設でモフェットフィールド(空港や巨大な格納庫もあり、火星探検などを研究している)と呼ばれるNASA Ames Research Centerがある。西には、シリコンバレーにおける研究の象徴で、かつGoogleをはじめとする数々のベンチャーを生んできたStanford大学のキャンパスがある。その両方のちょうど中間にオフィスはあり、まさにシリコンバレーの中心部だ。

全文はこちら--「シリコンバレーの現場から」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]