編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

ヴイエムウェア、管理ソフト「VMware Stage Manager」のパブリックベータ版を発表

CNET Japan Staff

2008-01-22 19:43

 ヴイエムウェアは1月22日、管理ソフトウェア「VMware Stage Manager」のパブリックベータ版を発表した。VMware Stage Managerは、新規アプリケーションの追加や修正など、システムを本番環境に向けて移行させるためのプロセスを簡素化する。

 VMware Stage Managerは、仮想化ソフトウェア「VMware Infrastructure」の機能を基に開発されており、システムを本番に移行させる前のシステム統合やテスト、ユーザーアクセプタンス(ユーザー受け入れ)といったそれぞれの作業段階を体系化して、サーバとストレージ、およびそれらをサポートするネットワークシステムを含む多階層のアプリケーション環境の管理を自動化する。

 一般的にITシステムには各アプリケーション環境を専門にサポートする「シャドウインスタンス」を維持している。これらのシステムは、本番設定との同期化において「ずれ」を生じやすく、システム変更とアップデートの成功を妨げるばかりか、本番環境のダウンタイム等のリスクを増加させる。こうした問題や、サービス移行に伴う課題を解消するため、VMware Stage Managerではシステム構築のサイクル全般にわたってリソースとプロセスを視覚化し、体系化する。

 具体的な機能としては、本番環境前のサーバやストレージ、ネットワーク機器などの管理を可能とし、必要な時だけ使用する。これにより、サーバスプロール(サーバの無秩序な増殖)を減少させ、VMware Infrastructure上にホストされているシステムのリソース利用効率を高める。また、本番環境の前本番イメージを迅速に作成できる上、本番システムからも直接クローンを作成し、全環境が正確に複製されるようにしてエラーやダウンタイムのリスクを低減する。さらに、プロセスの全段階で複雑なシステム変更を体系的に伝えると同時に、変更やリリース管理の簡素化を実現する。本番システムに対する変更要求の完了も短時間化する。

 VMware Stage Managerベータ版は、同社サイト上(英語)よりダウンロード可能だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

  2. セキュリティ

    なぜランサムウェアはこれほどまでに対策が難しいのか?その理由と有効な対策アプローチを考える

  3. セキュリティ

    改正個人情報保護法や最新の脅威動向などに対応するためのセキュリティ戦略のポイントとは

  4. セキュリティ

    Azure Sentinelで実現するサイバーハイジーン

  5. ビジネスアプリケーション

    ETLツールでデータを統合し活用するための3要素、「民主化」への最適解

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]