編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

Metasploitがバージョン3.1をリリース -- Windows GUIを改善しiPhoneをサポート

文:Larry Dignan(ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎

2008-01-29 15:15

 Metasploit Projectが同プロジェクトの脆弱性実証コード開発および攻撃フレームワークのバージョン3.1をリリースした。大きな追加機能には、Windows用インターフェースの改善とiPhoneのサポートがある。

 MetasploitはH D Moore氏が考案したものであり、攻撃方法をまとめたオープンソースのツールだ。Metasploit 3.1のリリースを発表するブログの記事でMoore氏は、複数の研究者がMetasploitにコードを提供してくれたと述べている。

 Metasploit 3.1の重要な機能は次の通り。

  • グラフィカルユーザーインターフェース、Windowsプラットフォームのフルサポート、265の遠隔脆弱性実証モジュールを含む450以上のモジュール。
  • 多くの新しい脆弱性実証コード。Moore氏は、「3.1でリリースされた実証コードで注目すべきは、totoによって書かれたNovell Netwareの未パッチのカーネルランドの脆弱性実証コード、ローカルの無線空間を不正なフレームで満たし、幅広い無線機器を利用不能にする一連の802.11混乱モジュール、BorlandのInterBase製品ラインをターゲットにした多くの脆弱性実証コードだ」と記している。
  • 「Hacking the iPhone」の活動からのコード。

 他には次のようなリンクを参照するといいだろう。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]