編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

MS、新オンライン広告測定システムのプライベートベータ版をまもなく提供

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子

2008-02-26 14:22

 昨年MicrosoftがaQuantiveを買収した後(そして同社が初めてのYahoo買収を試みて失敗したと伝えられていた後に)、同社関係者はウェブサーチの結果が、オンライン広告の成功を測定する唯一または最善の方法として見なされるべきではないことを熱心に説明したがっていた。

 Microsoftは米国時間2月25日、以前は漠然と「conversion attribution」と言及していた広告測定システムに対し、新たな名称と具体的な開始計画を与えた。

 Microsoftが新たに提案する広告測定基準は、今では「Engagement Mapping」と呼ばれている。そして「Engagement ROI」(投資収益率)は、「Atlas Media Console」のための新しい統合報告機能である。これはaQuantiveの広告プラットフォームのひとつであったが、現在ではMicrosoftが所有している。

 Engagement ROIのベータ版は3月1日に開始する予定だ。Microsoftによると、この「結果は第2歴四半期末までには得られる見込みである」という。このベータはプライベート版となる。テスターには、Microsoftの少数の主要な広告クライアントが含まれている。Ag?ncia Click + UNICA、Best Western International Inc.、BKV、Citi Cards、GSD&M Idea City、The Martin AgencyのIngenuity Media、Initiative、McKinney、MEC Interaction、Mindshare Interaction、Monster Worldwide Inc.、Neo@Ogilvy、Sprint、World Visionなどである。

 Engagement ROIは「 近時性、頻度、サイズ、広告フォーマット(リッチメディアや動画など)が消費者の行動に結びつくオンラインパスに対し及ぼす影響」を考慮に入れるという。

 ここでの言外の意味だが:ユーザーはある製品をGoogleの検索により発見したために購入するのではない。むしろ購入前に複数の異なるインターネットサイトにアクセスしている。MicrosoftのAdvertising and Publishing Solutionsシニアバイスプレジデントを務めるBrian McAndrews氏によると、このような行動を追跡することが大切であるというのだ。同氏は昨年、「ユーザーのアクセスを促す功績を認められたサイトこそが、支払いを受けるサイトなのである」と説明していた。

 McAndrews氏は昨年、データの追跡は「個別の人々ではなく、個別のコンピュータの電子署名」から集められることになると述べていた。Microsoftはユーザーの行動を、Engagement ROIまたはEngagement Mappingの一環としてどのように測定するかについて、具体的な話はいっさいしていない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

関連キーワード
Microsoft
経営

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]