IAMのキホンを理解する--第2回:アクセス管理

金子以澄(日本CA) 2008年03月11日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本連載の第1回「IAMのキホンを理解する--第1回:IAMとは」では、IAM(アイデンティティ/アクセス管理)の主要機能についてお話ししました。アクセス制御、すなわちアクセスの許可/拒否はセキュリティポリシーに基づいて実施する必要があり、IT環境の統制を取るために必須の機能であるため近年重要視されていること、またアクセスの設定・制御は、言い換えればユーザIDに対するアクセス権限の付与/剥奪であることを紹介しました。

 今回は、IAMの中から「アクセス管理」に絞って、詳細を見ていきましょう。まずはアクセス管理に含まれる機能、「認証」から話を進めます。

ITシステムの入り口を担う認証

 認証はユーザの識別情報を検証するプロセスです。ITシステム上で何かを行う際には、ユーザIDをベースとした行動となるため、これはITへの入り口として本人を確認する重要な機能です。

 認証では「本人が知っていること」「本人が持っているもの」「本人自身の特徴」をもとに、確かにその「人」であるかどうかを判断します。一般的にはパスワードが使われ、システムがそのユーザを検証します。つまり、システムへの入り口を通過させることであり、一旦認証されると、その「人」と識別されてシステム内を活動できるため、他人が簡単に代わって認証できるようでは意味がありません。そのため、現在では複数の本人確認要素を要求し、認証を強化する企業も増えています(全システムに対して実施せずとも、重要なシステムへのアクセスの際にだけ認証を強化する場合もあります)。

 認証の種類としては、パスワード、ワンタイムパスワード、スマートカード、生体認証などがあり、各社よりソリューションが提供されています。

 次にアクセスコントロールについて、「ISMS」(情報セキュリティマネジメントシステム)認証制度と、「CISSP」認定の共通知識分野(CBK)に定義されている「アクセス制御」を例に挙げて、詳しく見てみたいと思います。ISMSとCISSPは情報セキュリティに特化した認証制度で、それぞれ組織と人に対するお墨付きのようなものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化