編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

「Google Docs」がまもなくオフライン利用可能に

文:Rafe Needleman(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟

2008-04-01 07:51

 「Google Docs」のワードプロセッサは、ついにオフラインでもアクセス可能となる。ウェブブラウザの機能を無料で拡張する技術「Google Gears」を用いると、間もなく(Google Docsの)ユーザーは、インターネットに接続していない時でも、ファイルの閲覧や編集ができるようになる。

 Google Gears対応バージョンのGoogle Docsは、米国時間3月31日から数週間をかけて順次、提供が開始される予定である。Google DocsのプロダクトマネージャーであるKen Norton氏は、この機能にアクセスできない場合でも、トライし続けてほしいと、筆者に語った。Google Docsのドキュメントウインドウの右上に小さな「オフライン」メニュー項目があれば、オフライン機能に対応したことが分かるだろう。

 Norton氏は、Googleのスプレッドシートとプレゼンテーションアプリケーションに関しては、ワードプロセッサのオフライン対応完了後に(Google Gearsへの対応が)提供されるものの、最初は閲覧のみが可能になると明らかにした。

 当初はGoogle Docsで、新たなドキュメントをオフラインで新規作成することはできない。もっともオフライン対応機能が使われることになる最初のケースとしては、「ちょうどドキュメントを修正中にインターネット接続が切れてしまった」といった場合であると、Norton氏は語っている。しかしながら、最終的にはドキュメントの新規作成も行えるようになる。

 もちろん、オフラインモードの時に、ユーザーがリアルタイムでコラボレーション機能を利用したり、他のユーザーがオフラインモードで編集したドキュメントの修正状況を、同時に確認したりすることはできない。Norton氏は、複数のユーザーが編集し、その中の1人かそれ以上のユーザーがオフラインモードで加えた変更に関しても、Google Docsで「可能な限り」反映されるようになる予定であると述べている。異なる編集状況の存在が確認されれば、オフラインで編集したユーザーがオンラインモードに戻ってきた時に、ダイアログボックスがポップアップ表示される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  2. 運用管理

    ノーツを蘇らせた老舗メーカーの取り組み―Nomadの活用で働き方が変わり生産性・従業員満足度が向上

  3. 経営

    二人の先駆者が語る経営×IT--デジタル活用・DX推進のリーダーが握る企業競争力

  4. 経営

    3人の識者による金言・アドバイス--時代に負けない骨太な組織作りへの道

  5. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]