グーグル第1四半期決算、アナリスト予想を上回り増収増益

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:中村智恵子、福岡洋一、編集部 2008年04月18日 09時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE Googleは米国時間4月17日、第1四半期決算(2008年1月-3月期)を発表した。悲観的だったウォール街アナリストの予想を上回り、純利益は2007年第4四半期の12億1000万ドルから13億1000万ドルに増加した。

 非GAAPベースでの1株あたりの利益は4.84ドルとなり、Thomson Financialが調査したアナリスト平均予測4.52ドルを上回った。3月31日締めの第1四半期の売り上げは「ささやかながら」DoubleClick買収の成果もあって51億9000万ドルとなり、前年同期の36億6000万ドルから42%近く増加した。

 同社の株価は時間外取引で54ドル(12%)以上値上がりし503ドルまで急騰した。これは11月に記録した史上最高値747.24ドルの回復に向けての重要な動きだ。

 「われわれが検索、広告、オンラインアプリケーションで革新を続けていることが、われわれの製品ラインにおいて世界的に健全な成長を引き出し、好調な四半期決算を生み出す結果になった」と、同社の最高経営責任者(CEO)Eric Schmidt氏は声明の中で述べている。

 景気後退の流れを受け、Googleのペイドクリック成長率が鈍化するのではないかという懸念の中での好調な決算発表となった。

景気後退の影響なし?これまでのところは

 Schmidt氏はこうした懸念に本質的な根拠はないとしている。

 「こうしたビジネス環境に置かれているもかかわらず、2008年とさらにその先に向けて、われわれが絶好の位置につけていることは明らかだ」と、Schmidt氏は電話会見で述べた。「われわれは本当に注意深く見ているが、いまのところ影響を受けているとは思わない」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算