編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:MAツールのいま
「これからの企業IT」の記事はこちら

ウェブで利用される文字コード、UnicodeがASCIIを上回る--グーグルが明らかに

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2008-05-07 12:08

 UnicodeがASCIIを追い越し、World Wide Web上で最も多く利用されている文字コード体系になったとGoogleのシニアインターナショナルソフトウェアアーキテクトMark Davis氏がブログで述べている。また、UnicodeはASCIIだけでなく、Western Europeanもほぼ同時に追い越している。

Unicodeの増加 ※クリックすると図が拡大されます
Unicodeの増加
提供:Google

 Unicodeは多くの言語に対応した標準文字コード体系で、発音区別符号などを利用したローマ字なども扱っている。何十年も前に定められたASCIIコードは128文字あるいは256文字(ASCIIで128 文字、拡張ASCIIで256文字)しか表現できず、タイプライターの影響を受けた同文字コードの拡張は苦戦している。

 UnicodeがASCIIとWestern Europeanを追い越したのは12月で、双方が追い越された日は10日も違わなかった。

 Unicodeの動きについて、同氏は「Unicodeが他を単純に上回ったことよりも、これが起きたスピードが印象的だ」と述べている。

 GoogleはUnicodeを積極的に使用している。Googleはウェブサイトからのデータを処理する際、UnicodeでなければまずこれをUnicodeに変換する。これにより、言語をまたがった検索機能が向上するからだ。

 「Unicodeの利用が継続的に増えてきているため、Googleがカバーする多くの言語の処理が容易になる」とDavis氏は述べた。

 同氏はさらにGoogleがUnicode 5.1をサポートし始めたことも付け加えた。「このおかげでマラヤーラム語を話す人たちは、新しい文字を含んだ単語を検索することが可能になる」(Davis氏)

 ASCIIと比べたときのUnicodeの短所としては、ローマ字を格納するのに2倍のメモリ容量を必要とする点が上げられる。これはUnicodeがより多くの文字記号に対応するため、文字をより多くのバイト数で表現するためである。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]