NASA、インテル、SGIがスーパーコンピュータ開発で提携

文:Mike Yamamoto(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2008-05-08 11:34

 NASA、Intel、SGIは米国時間5月7日、NASAにおけるスーパーコンピュータの運用パフォーマンスを改善する画期的な取り組みで提携することを明らかにした。取り組みにより、「科学的発見の限界を超えることが可能になる」という。

  NASA、Intel、SGIは「Pleiades」という名の共同プロジェクトの下、米国の宇宙プログラムとして前代未聞の処理速度とキャパシティを擁したモデリングおよびシミュレーションシステムを開発する計画だ。目指しているのは、2009年時点で1ペタフロップス(1秒あたり1000兆回計算できる能力)、2012年時点で10ペタフロップスの演算性能。

 Intelの広報は、この演算性能のすごさについて、PCで半年かかる計算をPleiadesシステムなら1時間で完了できることを意味すると述べる。これは、フライトで6時間かかった距離を1秒間で移動できるようになったというのに等しい。

 NASAにとっては、この取り組みが実際の場面で役立つというメリットもある。例えば先行機「Project Columbia」のおかげで、エンジニアたちは、時間内に緊急時のシミュレーションをして、スペースシャトルの事故を防ぐことに成功している。また、Pleiadesプロジェクトでは環境にも配慮し、従来のモデルより燃費が70%低く、低騒音型の航空機を設計することにも取り組むという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]