編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

日本オラクル、会計システムと連携するプロジェクト管理アプリの最新版を発売

CNET Japan Staff

2008-05-12 19:49

 日本オラクルは5月12日、プロジェクト管理アプリケーションの最新版「Oracle Projects」の提供を開始した。

 Oracle Projectsは、プロジェクトに関する計画、契約管理、請求管理、工程進捗管理やリソース管理など、企業のプロジェクトに関する情報を一元的に管理することで、管理者が必要な情報をリアルタイムに把握、分析し適切な意思決定を可能にするアプリケーション。

 最新版では、タスク管理、収益管理やプロジェクト情報分析においてユーザビリティが向上したほか、プロジェクト契約管理を行うアプリケーション「Oracle Project Contracts」と投資対効果分析を行うアプリケーション「Oracle Project Portfolio Analysis」が新たに追加された。Oracle Projectsと「Oracle Applications」の会計システムを連携させることで、プロジェクト収益と原価の見積もり精度向上、プロジェクトの進捗や契約変更に合致した会計処理が可能になるという。

 日本オラクルでは、これにより、2009年4月1日以後開始の事業年度から適用が義務付けられた、プロジェクト収益総額、プロジェクト原価総額、決算日におけるプロジェクト進捗度を合理的に見積もり、これらに応じた当期の収益および原価を認識する工事進行基準への速やかな対応が可能になるとしている。

 Oracle Projectsの価格は、最小構成の250万円(5ユーザーライセンス)より。対応プラットフォームは、AIX、 Solaris、HP-UX、RedHat Linux、Windows。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]