編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

マイクロソフト、ERPソフトの最新版「Dynamics AX 2009」を提供開始

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2008-06-03 16:27

 Microsoftは米国時間6月2日、同社が提供する4つの企業資源計画(ERP)製品の1つ「Dynamics AX 2009」の提供開始を発表した。

 法令遵守問題を管理するためのツールが追加されたほか、30種に及ぶ業務機能ごとに必要な情報だけをカスタマイズできる「ロールセンター」が搭載された。外観には、同社の最新版Officeのルック&フィールが反映されている。

 発表の中で、Microsoft Dynamics ERP担当ゼネラルマネージャーMogens Elsberg氏は、次のように述べた。「Microsoft Dynamics AX 2009は、ERPにおける利用者の生産性が新たな段階に入ったことを告げるものだ。従来のERPシステムでは、業務データを入力し報告書を作成しそれを分析するという、効率が悪く時間のかかる作業を苦労して処理する必要があった」

 Dynamics AX 2009は、アイスランド、アイルランド、イタリア、英国、オーストリア、オランダ、カナダ、シンガポール、スイス、スウェーデン、スペイン、タイ、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、フィンランド、フランス、米国、マレーシア、南アフリカ、メキシコで発売される。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]