MS、Vistaとの互換性をチェックできる「Compatibility Center」リリースへ

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟 2008年07月09日 08時21分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間7月8日、顧客が使っているハードウェアやソフトウェアが、Windows Vistaでも適切に動作するかどうかを確認できる新ツールをリリースすると発表した。

 ところで、これは日付が古いニュースではない。まぎれもなく2008年7月のニュースであり、Vistaが市場に出回ってから18カ月以上が経過したにもかかわらず、Microsoftは依然として、数多くのハードウェアおよびソフトウェアが、Vistaと互換性があることを示さねばならない状況にある。

 どうか筆者のことを誤解しないでほしい。新たな「Vista Compatibility Center」は、良いアイデアであると思う。ただこうしたツールは、新しいオペレーティングシステムのリリース時に、多くの顧客が望むものだと、筆者は感じているのである。Vista Compatibility Centerが、現在でも必要とされているという事実は、Microsoftが、Vistaの互換性およびマーケティング分野の前面で、引き続き困難に直面していることを示している。

 MicrosoftのVista担当プロダクトマネージャーであるMichael Keigley氏は、それが現実の問題であれ、単に認知度の問題であれ、Vistaへの移行を検討する際は、互換性に関する懸念が、今でも中小企業および消費者にとって、重大な課題となっていることを認めた。

 「Vistaの発売時に、われわれがシステムの非互換性の問題を抱えていたことを否定できない」と、Keigley氏は語っている。しかしながら、今になってVista Compatibility Centerをリリースする大きな要因としては、明らかに顧客が、実は使っているハードウェアやソフトウェアがVistaに対応していると気づいてくれることへの期待感がありそうだ。

 Vista Compatibility Centerのベータ版は、まもなくこちらのページでリリースされる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
OS

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算