編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

物言う株主のB・ピケンズ氏、米ヤフー株を失望売り

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟

2008-07-30 06:33

 米Yahooの株価は、米国時間7月29日午前の取引時間中に、物言う株主であるT. Boone Pickens氏が、取得していた1000万株すべてを失望売りしたとの、San Francisco Chronicleの報道を受けて、1株あたり20ドルを下回る安値に売り込まれた。

 ついに29日午前の取引時間中には、Yahooの株価は19.71ドルまで下がり、Microsoftが1株31ドルの提示額での買収案を発表する前日に付けていた19.18ドルに肉薄する展開となった。その後、Microsoftは1株33ドルまで買収提示額を引き上げたものの、この買収案は拒否されて、終わりを迎えている。

 Pickens氏は、アクティビスト投資家のCarl Icahn氏が、Microsoftからの買収提案を受け入れるよう、Yahooに対して圧力をかけるべく、委任状争奪戦を仕かけるとの発表を受けて、5月に何百万株ものYahoo株式を買い進め始めた。しかしながら、Icahn氏は先週、(委任状争奪戦で)Yahooとの和解に至っている。

 参加していたChronicleの論説委員会の席で、Pickens氏は「Yahooのマネージメントは悲惨なものだったと考えている」と述べたと伝えられている。

 Pickens氏は、Chronicleに対して、もはやYahooとMicrosoftの両社による交渉を、のんびりと構えて待つことなどできなくなったので、損失を抱えたままYahoo株の見切り売りに至ったと語ったようだ。今回の報道は、どれほどの損失を被ってしまったのかに関して、Pickens氏は明らかにしようとしなかったと伝えている。

 Yahooの年次株主総会は、8月1日に予定されている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]