マイクロソフト、マウス特許侵害で台湾企業を提訴

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年07月31日 12時18分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 特許侵害訴訟では提訴される側になることの多いMicrosoftだが、今回は提訴する側となっている。

 Microsoftは米国時間7月30日夜、同社のコンピュータマウスに関するハードウェア特許を侵害しているとして台湾企業を提訴した。

 Microsoftは、Primax Electronicsとのライセンス契約に関する交渉に失敗したため、米国際貿易委員会(ITC)に訴状を提出したと述べた。訴状の中でMicrosoftは、Primaxが特許を侵害する製品を米国に輸入することを禁止するよう求めている。

 Microsoftの副法律顧問であるHoracio Gutierrez氏はインタビューの中で、同社は「この2年間、意義のあるライセンス契約を締結しようと何度も試みた」末、ついに提訴に踏み切ることになったと述べた。

 Gutierrez氏は、Microsoftはかなり以前から同社のIP(知的財産)のライセンスに関するオープンポリシーを有し、Targus、Fellowes、RadioShackなど、20社以上もの企業が同社のハードウェア技術ライセンスプログラムに参加していると述べた。

 他の台湾企業はMicrosoft技術のライセンスを購入しているのに、Primaxは購入しようとする姿勢を見せなかったとGutierrez氏は述べた。

 同氏は、「われわれは実際に何度も同社に働きかけたのだが、話し合いが収束することはなかった」と述べた。

 Microsoftは、コンピュータマウスに用いられる2つの技術に関連する7件の特許を訴訟の対象としている。1つは「U2」として知られている技術で、接続されたポートを自動的に検出することにより、マウスをUSBポートとPS/2ポートの両方に接続可能とするものである。2つめは「TiltWheel」と呼ばれる技術で、横方向に傾けることによりに、マウスに補助的なカーソル移動機能を追加するものである。

 Microsoftが特許訴訟で原告側となることはほとんどないものの、同社は2006年8月、同社のマウスの特許に関し、カリフォルニア州コンプトンを拠点とするBelkinを訴えたことがある。2社はそのわずか数カ月後に和解に達したとGutierrez氏は述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化