マイクロソフトが開発する、Windowsベースでない次世代OS「Midori」を読み解く - (page 2)

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟 2008年08月06日 08時19分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 Microsoftが、しばしば製品に対する、まったく新しいアプローチが可能かどうかを模索する、数々のインキュベーションプロジェクトを進めてきたのは注目に値する。現在までのOfficeおよびWindowsへの全アップデートは、いちから再び書き上げたものではなく、ある種のインクリメンタルな改善にとどまってきた。

 2000年に目を向けると、Microsoftは、Officeをオンラインプロダクティビティスイートとして生まれ変えかねないアイデアが数多く含まれた、「NetDocs」と呼ばれるプロジェクトを進めていた。それから8年が過ぎ、これまでに少なくとも3つのバージョンのOfficeがリリースされてきたものの、NetDocsで実現するような製品が発売されるのは、一体いつのことであろうかと、いまだに多くの人々が疑問を呈している。

 このことからすると、Midoriの登場や、Windowsの後継に位置する同様のアプローチは、もし本当に実現するとしても、かなり遠い道のりであると、筆者は感じている。

 Microsoftは、ファイルシステムが例に挙げられるが、Windowsオペレーティングシステムの、わずか1つのサブシステムを変更することにさえ、多大の困難に直面してきた。これまでもMicrosoftは、「Cairo」や「WinFS」などのプロジェクトを進めてきたが、最終的には代わりに、すでに存在するものの上に構築することに固執せざるを得なくなった。

 だが、Microsoftが、オペレーティングシステムに対する新たなアプローチを検討しているという事実は、それほど驚くべき事実ではない。もしMicrosoftが、こうしたアプローチを検討することさえなかったのであれば、それこそ筆者は驚きである。

 Microsoftが、まったく新しいものを実際にリリースすることになれば、これほど興味深いことはないだろう。より小規模で、コンシューマーベースではあったものの、すでにAppleは、Macを新たな方向性へと進めるため、積極的に互換性を犠牲にすることが、これまでに何度かあった。最も顕著なのは、68000のプロセッサからPowerPCへ、OS 9からOS Xへ、PowerPCからIntel製のチップへの移行といった例が挙げられる。しかしながら、Microsoftは、ビジネスおよびコンシューマーの両面で、巨大なユーザー層を抱えており、これまで長く、新たな能力やアプローチよりも、互換性を重視する方針を取ってきた。

 問題は、このアプローチが、今後どれほど継続可能であるのかという点にある。筆者(や他の多くの人々)は度々、Windowsのアップグレードが、あまりにも難しすぎるのではないかと問いかけ続けてきた。LonghornやVistaの例を考えてみてほしい。何年かを開発に費やした後、Microsoftは、主に加えようとしていた構造上の変更点が、あまりにも抜本的なものでありすぎるとの判断を下すに至った。Microsoftは、再び設計段階に戻ったものの、結局のところ、Vistaで加えた、よりつつましい変更点であっても、大きな批判にさらされる結果を招いたのだ。

 筆者としては、例えばAppleがOS XにClassicモードを設けたように、今日のMicrosoftにとって、よりモダンなソフトェア的なアプローチをとりながら、すべてのWindowsをエミュレートするのは難しいのだろうか、と考えてしまう。筆者には、このような考えが選択肢のひとつとなっているかは不明だ。

 しかし、もしMidoriについてもう少し共有したいということなら、喜んで調べたいと思う。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]