さよならXP、こんにちはMidori

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2008年07月01日 07時28分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月30日はMicrosoftがWindows XPを段階的に廃止し始める日である。これは同オペレーティングシステムのコピーを新マシンのプリロード用にPCメーカーや小売業者にもはや提供しないことにより実施する。この日はまた(最近のNew York Timesの論説のおかげで)Windowsの次には何が到来するのかと将来のことを考え始めるのによい機会でもある。

 この答えは、MicrosoftのEric Rudders氏によるミステリアスな「Midori」プロジェクトかもしれない。

 まずは背景となる話から:サンノゼ州立大学のRandall Stross教授が「Windows Could Use a Rush of Fresh Air」と題するTimesの記事で指摘しているように、Windowsは大きすぎて扱いにくくなっている。だからMicrosoftはこの数年間、Windows内の依存度を削減しようと取り組んでいるのだ。そしてそれこそがMicrosoftのCoreチームが構築した(そしておそらくWindows 7のコアには置かれないと思われる)Windowsコアのスリムダウン版「MinWin」なのである。

 Microsoftはまたこの数年間、Windowsベース以外のオペレーティングシステムがどんなものとなるかを研究し続けている。最近「1.0」を成し遂げたこのプロジェクトのコード名は「Singularity」という。

 Singularityチームはその使命を以下のように説明している:

 「Singularityプロジェクトはデザインの決定と既存のシステムやソフトウェアスタックでますます明らかにされている欠点を再検討するために2003年に開始した。これらの欠点には次が含まれる:広範なセキュリティの脆弱性、予想外のアプリケーション間の相互作用、そして誤った拡張やプラグイン、ドライバ、認知されたロバスト性の欠如が引き起こした不具合。これらの問題の多くが1960年代と1970年代のコンピュータの構造やプログラミング言語からさほど進化していないシステムが原因となっていると考えている。その時代のコンピューティング環境は今日とは非常に異なるものであった…。」

 Microsoft関係者が述べたとおり、Singularity――管理コードとして書かれたマイクロカーネルベースのオペレーティングシステム――は研究を目的とするものだ。Microsoftがこれを商用化する計画はない。

 しかしMicrosoftが公に述べていないことは――拙書「Microsoft 2.0」で筆者は言及しているが――MicrosoftがSingularityの派生品に取り組んでいるという点だ。このコード名は「Midori」と呼ばれ、この先いつか日の目を見ることになるかもしれない。Microsoft 2.0からは以下の通り:

 「Microsoftでは(Singularityに)関連した開発中の極秘プロジェクトがあるようだ。コード名「Midori」と称する同プロジェクトは、新しいMicrosoftのオペレーティングシステムプラットフォームであり、Windowsの座を奪うと言われている。Midoriはインキュベーション中である。これはMicrosoft Researchのプロジェクトの多くと比べるとやや市場に近いが、なんらかの初期プレビューの形として提供されるほど近くはないことを意味する。

 「またMidoriについて興味深いのは、このプロジェクトを運営しているのが誰なのかという点だ。かつてGates氏の後継者と予想されていたEric Rudder氏がこの取り組みを率いている。MidoriはChief Research and Strategy OfficerのCraig Mundie氏の部門においてインキュベーション中である。あるMicrosoftの垂れ込み屋は、『彼の下に(Midoriに関してRudder氏の下に)いる誰もが長年のベテランで、素晴らしく高級な肩書きがついており、彼らがそれぞれのルーツに戻り、おそらくかつて従事していたようなコードを書いている』と筆者に伝えた。

 「MicrosoftがいつどのようにしてMidoriを開始するつもりなのかは依然として謎である。しかし同社は本プロジェクトにかなりの時間、人員、資源を捧げるほど真剣に考えているようにみえる。」

 今年に入ってSingularityチームにMidoriについて質問しようとしたが、非常にナーバスな様子で「ノーコメント」との回答を受け取った。

 誰かMidoriが何であるのかをもっと分かち合いたい人はいないか?

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化