MSの次世代OSかもしれない「Midori」は「Cairo」の再訪?

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2008年07月08日 02時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftのコード名「Midori」というWindows後のオペレーティングシステム(OS)に関する筆者の記事は、この1週間でいくつかの興味深い反応と、新しいヒントとなりうる情報を引き出した。

 MicrosoftのMidoriは「Midori Linux」の取り組みであるとか、軽量ウェブブラウザプロジェクト「Midori」の派生品かもしれないと憶測するメモを送ってきた皆さんへ:筆者はこうした他社のMidoriプロジェクトがMicrosoftのMidoriとは無関係だと考えていることを改めて申し上げたい。

 MicrosoftのMidoriは、わずかに拾い集めた情報からすると、Microsoftの次世代OSであり、現在「インキュベーション」中である――これはMicrosoft Researchの典型的なプロジェクトよりは早期にローンチされる可能性があるが、「Windows 7」や「Windows 8」の必要性を除去するほど早くはないことを意味する。換言すると、最高経営責任者(CEO)のSteve Ballmer氏が退任する前だが(Ballmer氏自身は9年ほど先のことと述べていた)、2009年後期または2010年初期(Windows 7の目標日程)以降のいつの日かデビューするかもしれないWindows以外のOSのことを、私たちは考えているということだ。

 先週も指摘したとおり、筆者の情報筋はMidoriが「Singularity」と何らかの関係があると述べていた。SingularityはMicrosoft Researchによる非WindowsベースのOSをいちから開発するという取り組みである。Midoriは現存しているWindowsが究極の目的ではないということを実現させるものだ。Microsoftはこの先何が起こるかを考えずに、同社の主力商品のアップデートをただ提供し続けるようなことはしない。

(MicrosoftのOSプランに関する別の見方について、Ed Bott氏の記事「Why you’ll have a long wait for Microsoft’s next OS.」を参照されたい。)

 筆者がMidoriについて最初のブログエントリを投稿して以来、いくつかの追加的な(そして未確認の)ヒントを入手した。とりわけ興味をそそられた情報はこれだ:Midoriは日の目を見ることがなかった同社の分散型のオブジェクト指向のオペレーティングシステム「Cairo」を再び実現しようとする試みである、というものだ。

 このことをよく考えてみろと同情報筋は言う。Midoriプロジェクトを率いるEric Rudder氏は「Gates」タイプの人物であり、「Ballmer」タイプではない。Gates氏が長年温めてきたが報われなかった、しかし依然としてMicrosoft会長が愛したプロジェクトがいくつかある。考えてみると、Cairoはそのようなリストでは上位に入っているはずだ。(Gates氏の「すぐ入手できる情報(information at your fingertips)」ビジョンを覚えているだろうか?これはCairo、そしてもっと最近では、不運に終わった「WinFS」が目指していたものだ。)真にオブジェクト指向の分散型オペレーティングシステムというGates氏のビジョンを実現させるのにRudder氏ほどふさわしい人物はいないのではないか?と同情報筋は言うのだ。

 Cairoはカムバックを果たすことができるのか?予想通りMicrosoftからはコメントが得られない。しかしMidoriがCairoからエジプト風のコード名を取り除いたものなのかどうかは別として、それはMicrosoftの未来にとって重要なことである。

 Appleや他のOS開発者らが長年かけて学んできた通り、軍馬にいつまでも傷あてを付けられるわけではない。ある時点で、最初からやり直す必要が出てくる。とはいえ、10億人というWindows PCの強力なユーザー基盤のサポートを段階的に廃止するというのは、Microsoftが軽い気持ちでできるようなプロジェクトではない。同社ウォッチャーならご存知の通り、Microsoftは、Windows XPとWindows Vistaの互換性問題が十分に裏付けされているというのに、アプリケーション互換性の重要性を見くびるような会社ではない。

 Microsoftは長期的にWindowsを引き継ぐのはどんなOSになるかということを考えているはずである。筆者個人としては、それでもMidoriが結局はWindowsのようなものになったとしても驚かない。

 読者はどう思うか?Midoriはどんなものとなるのだろう?

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化