編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

サイトに来たユーザーの場所、知ってどうする?(ZDNet Japanブログより)

サイバーエリアリサーチ

2008-08-12 14:40

 今回ご紹介するのは、このインターネットユーザーの位置情報データベースによって、Webサイトのコンテンツの一部をユーザーの地域に応じて切り換えるサービス「どこどこJP」です。

■あなたのサイトでもできる!ユーザーの地域ごとにサイトを切り替え

 例えば、全国チェーンの小売店の場合。 サイトに来る人に、近くのお店の場所やセール情報をお知らせしたいこと、ありませんか?通常は全国共通のトップページから、各自が自分の地域を選択して、近くのお店を探して・・・というステップが入ります。 どこにお店情報があるの?わかりにくい!というサイトもあって、ユーザーが情報探しに疲れてしまうことも。

 ところが、IP Geolocationを使えば問題は即解決。 トップページの一部に、それぞれのユーザーの地域の店舗情報やお得情報を表示させることができるんです。 (ユーザーの地域に応じた情報を発信することを「エリアターゲティング」といいます) 実際、このようなエリアターゲティングを実施したら地方での売上が急増した事例も!

 でも、どうやって? 実はカンタンにできるサービスがあります。 それが「どこどこJP」です。

全文はこちら--「「ズームイン!IPアドレス」ちょっとドメインも」

 

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]