編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

サン、Javaベースの携帯向けUI開発ツール「LWUIT」をオープンソース化

文:David Meyer(CNET News.com) 翻訳校正:佐藤卓、高森郁哉

2008-08-18 11:36

 Sun Microsystemsが、携帯電話向けユーザーインターフェースを開発するためのツールキットをオープンソースで公開した。

 Sunは米国時間8月14日、「Lightweight UI Toolkit」(LWUIT)のソースコードを「GPLv2+Classpath特例」ライセンスの下で公開した。このツールキットは「既製のグラフィカルコンポーネント」一式を含み、各種フォント、テーマ、アニメーション、および画面切り替え効果をサポートしていると、Sunは公開に合わせて出した声明で述べている。

 「Sunは、LWUITを作ることにより、モバイル開発コミュニティへの関与を改めて確認するとともに、LWUITのコードをオープンソース化することにより、モバイル開発者が自分たちのアプリケーション向けにリッチでポータブルなインターフェースを迅速かつ容易に作成できるようにしている。こうした機能は、以前から開発者たちが求めてきたものだ」と、Sunの組み込みJavaソフトウェア担当シニアディレクター、Craig Gering氏は声明の中で述べている。

 Gering氏はさらに、このツールキットを使用すれば、開発者は「Javaが搭載されたあらゆるデバイスで実行できる単一のインターフェースを作成」できるようになると付け加えた。

 Sunによるツールキットのオープンソース化は、急速に変化するモバイル向けオープンソース分野における最新の開発事例の1つだ。フィンランドのMovialは2008年8月上旬に、Linuxベースのモバイル向けプラットフォームの規格統一を目指すLiMo Foundationに参加し、ブラウザベースのモバイル向けユーザーインターフェースを開発できるツールキットを提供している。また、「Symbian OS」もオープンソース化へと進んでいるほか、Googleのプラットフォーム「Android」(Google独自のJavaを使用)も2008年中に登場する可能性がまだ残っている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]