編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

カスタマイズせず標準機能で対応--「ZeeM 人事給与」を導入したアース製薬人事部 - (page 3)

宍戸周夫(テラメディア)

2008-08-20 11:00

リプレースを機に業務見直しも

 アース製薬は、今回の人事給与のリプレースに伴い、業務そのものの見直しも進めている。その背景には、社員が勤怠管理のデータを自ら入力するなど、人事給与を取り巻く環境変化がある。そこで重要になってくるのがユーザーインターフェースだ。

 アース製薬の場合、従来はややもすると給与担当者しか操作できなかったシステムが、人事部の他のスタッフでも操作できるようになった。たとえば、社会保険の担当、採用の担当もZeeM 人事給与を操作することが可能となった。

 今はまだ準備中ということだが、近い将来は人事部のスタッフがそれぞれの業務でZeeM 人事給与を使いこなすことになる。さらには、ワークフローの体制を整え、一般社員が個人情報を人事給与システムに直接登録できるようにするという目標もある。

 ZeeM 人事給与には、オプションとしてウェブ上で社員がデータ入力したりデータを修正したりという機能はすでに用意されている。さらには、経営情報システムとして会計や購買などのシステムと連携することもできる。基幹業務ソリューションと銘打っているゆえんだ。

白須賀健嗣氏 「データを履歴で持っておける」というZeeM 人事給与のメリットを語る白須賀健嗣氏

 最後に、人事部の白須賀健嗣氏がZeeM 人事給与の特徴をいくつか上げてくれた。

 「ZeeM 人事給与の良さのひとつとして、データを履歴で持っておけるということがあります。今まではデータを入れたら、前のデータは消えていました。過去のことを調べたりするとき、これまでは外部のバックアップデータを調べなければなかったのですが、それがなくなります」

 運用日の日付を変えれば、当時のデータが出てくる。これはZeeM 人事給与の特徴のひとつ。また、従来のシステムは給与項目に制限があったが、ZeeM 人事給与では項目を増やせる。「これまでは制限のある項目をどうやり繰りするかでも、ややこしいカスタマイズが発生していたのですが、それがなくなりましたね」。

 やはり、カスタマイズを必要としないというのが一番のポイントのようだ。

製品群 アース製薬が手掛ける製品群

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]