編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

デルとFacebook、クラウドコンピューティングでまもなく「重大」発表か

文:Erica Ogg(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2008-08-20 16:24

 ハイテク業界のビッグネームのうち2社が、クラウドコンピューティングプロジェクトで提携するようだ。来週にも特別なイベントを開催し、そこでプロジェクトを明らかにするという。

 Facebookは膨大な量の写真、友達のコネクション、(個々のユーザーの)近況といった情報を集めては「クラウド」に格納している。Dellはインフラとなるサーバの主要プロバイダであり、Dellの技術がこのクラウドを実現している。

 では、2社が協業する分野は具体的にどこか?DellがFacebookにサーバを提供していることはわかっているが、これ以上に何を共同で計画しているのかは不明だ。イベントは米国時間8月26日に開催される予定だが、立派な文章で綴られた招待状を送る以外に2社が明らかにしていることは、「次世代のクラウドコンピューティング」が関連したものであるという点だけだ。

 Dellが「cloud computing」の商標登録を試みたことが8月に入って明らかになったとき、にやっと笑った人が少なからずいたはずだ。米国特許商標局は今週、Dellが総称的な言葉ではない証拠を示すことが出来ない限り、商標としては認められないとして、Dellの出願を却下した。Dellが別の方法で証拠を提示できる可能性は少なそうだが、Dellが次世代コンピューティングに本腰を入れていることは間違いなさそうだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]