グーグルが「Chrome」を作った理由--高速ブラウジングがもたらす利益

文:Stephen Shankland(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル 2008年09月05日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カリフォルニア州マウンテンビュー発--インターネットでは、サイトの数ミリ秒速い応答が、人を引きつける上で大きな差になる。Googleが、新しいウェブブラウザ「Google Chrome」はインターネットの履歴の脚注よりも投資に値するプロジェクトであると考えた理由はここにある。

 Googleは米国時間9月2日の発表イベントで、Chromeは、最も幅広く使われているMicrosoftの「Internet Explorer」よりもずっと速くウェブページを表示すると述べた。Googleは、このパフォーマンスにより、今日のウェブベースのアプリケーションの速度、能力を抑制するボトルネックが開放されることを期待している。

 つまり、Chromeは、長期的には、Internet Explorerよりも「Office」、「Windows」にとって脅威になるということだ。

 大げさに聞こえるかもしれないが、Google自身の展示で実証されている。Googleが展示したコンピュータにはブラウザだけが表示されており、スタートメニューもデスクトップショートカットもオペレーティングシステムもなかった。

速度が金になる理由

 Googleにとって、高速な処理性能は大きな利益になる。第1に、検索について言えば、Googleは、検索ページのロード時間がわずかでも短ければ、ユーザーの検索回数が増え、Googleにとって利益の大きいテキスト広告を配置する機会が増えることに気づいた。第2に、ウェブアプリケーションの土台であるブラウザが高速化すれば、Googleの電子メール、文書作成、表計算、カレンダーのオンラインアプリケーションが高速化し、より多くの機能を搭載できる。

 Googleは、検索、広告、アプリケーションの3つの主な取り組みについて話したがるが、Chromeなどの高速なブラウザは、3つすべてにとってメリットがある。

 Googleの共同設立者であるSergey Brin氏は、「人々がインターネットをたくさん利用し、さらに素早く簡単に利用できるようになれば、Googleの事業はうまくいく」と述べた。

 少数の新しもの好き以外の人たちやウェブ開発者を説得してChromeを導入させること、競合ブラウザの開発ペースに合わせること、Googleを怖がる人たちにGoogleがまたひとつコンピュータの重要なアプリケーションに関わったが問題ないと安心させることなど、GoogleはChromeに関して多くの課題に直面している。しかし、Googleの影響は強力であり、パフォーマンスについて語り、クロムめっきのサーベルについて話しまくるだけで、Googleのウェブアプリケーションの基本方針を進展させるのには十分だろう。

 Brin氏はChromeをオペレーティングシステムと呼ぶのを嫌がったが、2日のイベントで、同氏がChromeの成功をChromeで実行できるアプリケーションによって定義しているのは明らかだった。

 Brin氏は、「『オペレーティングシステム』という言葉を使うと、語弊がある。Googleが手にしているのは、ウェブアプリケーションを実行する軽量で高速のエンジンだ」と述べたが、「Googleは将来、より洗練されたウェブアプリケーションをもっと手にすることになると思う。今日ご覧いただいたこれらのものはすべて、とてもやりがいがあることだ」と付け加えた。

 さらに、Brin氏は、たとえChromeが競合ブラウザの開発者の競争心をあおる以外の影響を及ぼさなかったとしても、Googleにはメリットがあると言い添えた。「Chromeの発表により、Internet Explorer 9がずっと高速化されれば、Googleにとっては成功と見なされる」(Brin氏)

ChromeのV8エンジン

 Googleは2つの面で性能の高速化を主張している。1つは、Appleの「Safari」でも使われているオ―プンソースの「WebKit」プロジェクトの使用だ。WebKitは、ウェブページを表示するブラウザスクリーンエンジンでウェブページをレンダリングする。しかし、ウェブアプリケーションにとってより重要なのは、JavaScriptで作成されたプログラムを実行する最新の「V8」プロジェクトだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化