編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

2009年には約半数の企業がVistaへの移行を検討--フォレスターのVista移行調査

藤本京子(編集部)

2008-09-05 18:20

 Windows Vistaの発売から1年半以上が経過した今、新OSへの移行はどの程度進んでいるのだろうか。Forrester Researchでは、Vista発売以降随時同OSへの移行について調査しているが、この8月に発表したレポートでは、ようやくWindows OSにおけるVistaのシェアが8.8%にのぼったとしている。

 Vista移行について調査を続けているのは、Forrester ResearchのアナリストBenjamin Gray氏だ。同氏が8月に発表したレポート「Corporate Desktop Operating System Trends, Q4 2007 Through Q2 2008」は、2007年10月から2008年6月までの期間にForresterのサイトを訪問した5万以上の企業ユーザーのデスクトップ環境を分析したものだ。8.8%というVistaのシェアは、2008年6月時点の調査によるもの。同時期のWindows XPのシェアは87.1%と、依然高い数字になっている。

Vista 2007年10月から2008年6月までの企業PCのOS環境(資料提供:Forrester Research)

 「Vistaへの移行は、Microsoftの思うようには進んでいない」と、Gray氏は言う。Gray氏は2007年11月にも「How Windows Vista Will Shake Up The State Of The Enterprise Operating System」というレポートを発表し、企業のVista導入の意向を調査していた。その際には、2008年末までに導入したいと考えている企業が全体の約30%を占めていた。現在のVistaのシェアが8.8%という事実からすると、2008年末までに約30%の企業がVistaを導入するとは考えにくい。

 ただしGray氏は、「私が顧客と話している印象では、今から2009年の初め頃には約半数の企業がVistaへの移行を考えるのではないかと感じている」と話す。また、以前はWindows 2000からVistaへの移行が多かったが、「今ではXPからVistaへの置き換えも増えてきている」と述べ、古くなりすぎてしまった2000のようなOSからVistaへの移行を進めていた時代から、計画的に移行を考える企業が増えてきたと見ているようだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]