「Google Chrome」、米国では200万人がダウンロード--ニールセン、公開1週間の数値を発表

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年09月18日 12時43分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleの新しいウェブブラウザ「Chrome」は、公開後1週間のうちに米国で約200万人によりダウンロードされた。Nielsen Onlineが米国時間9月17日に発表した。

 Nielsenによると、9月1日から7日までに同ブラウザのダウンロードプロセスに関連したGoogleの「Thank You」ページを訪問したのは、193万人だという。同社は選ばれたインターネットユーザーの行動に基づいて統計をとっている。

 この人数は米国インターネットユーザー1.4%近くに相当すると、Nielsenは説明する。少なく思えるが、この種の製品のベータ版としては健闘したと言える。その理由としては、このような製品は、いつものウェブ利用を改善するだけのため、多くのユーザーが必要としているわけではない点が挙げられる。

 もちろん、Chromeを試用してもらうことは、同ブラウザをメインのブラウザにしてもらうことに比べて容易だ。しかし、Googleは、同オープンソースブラウザをできるだけ強力に後押しすることを決めたようだ。同社は16日、Chromeの最新アップデートの入手を可能にするプログラムを開始している。

 Chromeについて述べたブログ、掲示板、他のオンラインフォーラムを調べたNielsenによると、同ブラウザが大きく話題となったのは発売直後だという。

 Nielsen Onlineでテクノロジおよび検索を担当するリサーチディレクターのJon Stewart氏は、「Google全般に関する興味の度合いを調べたところ、不意打ちに近かったChromeがオンラインディスカッションで話題になる傾向が顕著だった」と述べる。「同ブラウザは、公開翌日における全オンラインディスカッションの約1%で話題となった。これは、待ち望まれた『iPhone』が今夏初めに発表されたときの半分強程度となる」(Stewart氏)

Googleの「Chrome」がブログ等で話題となった率を示すグラフGoogleの「Chrome」がブログ等で話題となった率を示すグラフ
提供:Nielsen Online

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算