ウェブメールと従来の電子メールでは脅威が異なる

文:Adam O'Donnell(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎 2008年09月23日 07時53分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今週のSarah Palin氏の電子メールアカウントに対する攻撃は、同じアプリケーションでも、使われている技術が異なれば脅威モデルは異なるということを明確にしてくれた。これは、あらゆるのSoftware-as-a-Serviceと従来のデスクトップパッケージの関係に一般的に適用できる問題だが、ここでは電子メールだけに注目することにしよう。まず、攻撃者がどのように考えるかを辿ってみて、どのような攻撃手段があるかを考えてみる。

 もし攻撃対象がウェブメールシステムであれば、アカウントを破るテクニックにはさまざまな手段がある。例えば以下のようなものがあり得るだろう。

  • スピアフィッシング攻撃で相手の個人のユーザー名とパスワードを得る。
  • 対象アカウントのパスワードのリセットを求める。
  • XSS/CSRF的な洗練されたウェブ攻撃を、攻撃対象の個人が使っているウェブメールサービスプロバイダに適用可能かどうかを調べる。

 デスクトップマシンの攻撃には、また異なるテクニックが必要となる。例えば以下のようなものだ。

  • コンピュータを盗む。
  • 攻撃対象のシステムを、ローカルハードディスクへのアクセスを可能にするマルウェアに感染させる。

 デスクトップアプリケーションの方がより安全のように見えるが、このモデルではハードディスクの故障やバックアップの失敗、その他の個々のハードウェアの故障によるデータの損失が計算に入っていない。どこからでもアクセスできるという便利さや、継続的にバックアップされていること、管理の手間が少なくてよいことなどを考えれば、ウェブメールやそれに相当するシステムを好む人が多くいることも当然のことだ。

 しかし、技術を選択する際には、脅威モデルがどのように変わるかを考えておく必要がある。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算