GoogleがChromeのファイルダウンロードに関する脆弱性への修正を準備中

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎

2008-10-22 12:16

 9月にGoogleのブラウザChromeがリリースされてからわずか数時間後、セキュリティ研究者Aviv Raff氏が、2つの脆弱性を組み合わせることができることを発見した。これは、Apple Safariのセキュリティホールと、Javaのバグを組み合わせることによって、ユーザーをだましてChromeから直接、実行ファイルを実行させることができるというものだ。(ここで、Google Chromeのユーザーをだまして、警告の表示なしにJAR(Java Archive)ファイルをダウンロードさせ実行させる方法を示したデモを見ることができる)

 Googleはようやく、この脅威を真剣に捉え、実行可能なファイルに対するダウンロード時の動作を変更した新たなバージョンのChromeを開発者に対しリリースしたようだ。

 changelogには、次のようにある。

  • このバージョンでは、危険な種類のファイル(実行ファイル)が自動的にダウロードされる際には、警告メッセージを表示する機能を追加している。
  • ファイルはダウンロードディレクトリ一時的な名前で保存され(dangerous_download_xxx.download)、ユーザーには警告メッセージと、ダウンロードしたファイルを保存するか破棄するかをたずねるボタンが表示される。
  • 破棄が選択された場合には、ダウンロードファイルは削除される。保存が選択された場合には、ダウンロードは通常通りに継続される。
  • ユーザーの確認を受けなかった危険なダウンロードファイルは、シャットダウン時に削除される。

 次の記事も参照して欲しい。

Google Chrome vulnerable to carpet-bombing flaw

Google Chrome, the security tidbits

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]