フォトレポート:マイクロソフト、「Windows 7」実働機を展示--WinHECで - 4/4

文:CNET News.com Staff 翻訳校正:編集部

2008-11-06 11:06

 Microsoftは米国時間11月5日、ロサンゼルスで開催のWindows Hardware Engineering Conference(WinHEC)でWindows Vistaの後継OSである「Windows 7」を搭載したノートPCを複数展示した。LenovoやMSI、ASUSなどのモデルが展示されている。全機能が搭載されるWindows 7のパブリックベータ版は、2009年初旬にリリースされる予定。マルチタッチ入力のサポートや新しいタスクバーが見込まれている。
 富士通製ノートPCで稼動するWindows 7。このノートPCには、アプリケーション起動用のディスプレイが搭載されている。Microsoftは、Vistaで「SideShow」ディスプレイを初めてサポートした。

 富士通製ノートPCで稼動するWindows 7。このノートPCには、アプリケーション起動用のディスプレイが搭載されている。Microsoftは、Vistaで「SideShow」ディスプレイを初めてサポートした。

提供:Ina Fried/CNET News

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]