編集部からのお知らせ
新着記事まとめ「6G始動?」
新着PDF:「2021年注目テクノロジー」

Inforは日本市場に完璧にフィットする―Jim Schaper CEO - (page 2)

大野晋一(編集部)

2008-11-06 18:30

 先日開催されたInform 2008では最初のEvolveコンポーネントとして「My Day」と「Infor Decision」の提供が発表された。これらはともに、様々なアプリケーションを横断的に統合するフロントエンドのインターフェースとして機能する。また、フロントエンドだけでなく、複数のアプリケーションが持つデータを統合するマスターデータを管理するコンポーネントなども提供される予定だ。

 Evolveコンポーネントが特徴的なのはそのライセンス体系だ。Infor ERP(LN・LXなど)やSCMといった同社のアプリケーションライセンスを購入していれば、同じユーザー数までは無償で利用できる。Open SOAそのものもアプリケーションに付属する形で提供されるため、実質的にはすべての既存Inforユーザーが無償で、しかも、簡単な導入でこうしたコンポーネントの機能にアクセスできることになる。

 今後も同社は買収によるアプリケーションの拡充を行う。こうしたアプリケーションすべてに、同社が投資したR&Dの成果をEvolveコンポーネントとして無償でアクセスできる。

 Inforはこれまでも買収による成長を続けてきた。これまでは言ってみれば製品をそろえ、それぞれの機能強化を行う一方で、Inforが多くのアプリケーションを持つことによる相乗効果が限定されていた。しかし、Open SOA、さらにはEvolveコンポーネントの提供により、Inforならではのメリットがいよいよ目に見えることになる。しかも、繰り返しだが、無償だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]