編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

フィックスターズ、「Yellow Dog Linux」の米Terra Softを買収--Cellビジネスの拡大目指す

柴田克己(編集部)

2008-11-11 19:13

 Cell Broadband Engine(Cell/B.E.)向けソリューションの提供を行うフィックスターズは11月11日、米国のLinuxディストリビューションベンダーであるTerra Soft Solutionsより、「Yellow Dog Linux」を含む全事業を買収したと発表した。10月31日付けで全事業を対象とした譲渡契約を締結し、資産および全従業員の引継が完了している。買収額は非公開。

 フィックスターズは2002年創業。2004年よりCell/B.E.アプリケーションの開発や最適化サービスを提供している。企業におけるCell/B.E.の導入に必要なハードウェア調達から、開発環境整備、ソフトウェア開発までのソリューションを提供しており、高速計算、大容量データ処理が求められる分野へのCell/B.E.の普及を目指す。特に、金融、デジタルメディア、医療、製造検査の4産業に注力しているという。

 今回同社が買収したTerra Soft Solutionsは、1999年に創業したPower系アーキテクチャ向けLinux OSのディストリビューションベンダー。AppleのVAR(付加価値販売業者)としてのビジネス展開に加え、2005年からCell/B.E.への取り組みを開始し、2006年にはCell/B.E.を搭載したソニーコンピュータエンタテインメントのゲーム機「PLAYSTATION 3」対応のLinuxを発売したことでも知られる。同社のLinux製品としては、フリー版の「Yellow Dog Linux」に加え、企業向けサポートを含む「Yellow Dog Enterprise Linux」、分散コンピューティング向けクラスタマネジメントミドルウェア「Y-HPC」などがある。

三木聡氏 フィックスターズ代表取締役社長CEOの三木聡氏

 フィックスターズ代表取締役社長CEOの三木聡氏は、企業におけるCell/B.E.の導入を促進するために、プラットフォームからアプリケーションまでをカバーする統合ソリューションの提供が重要であることを説明。信頼性の高い、安定したLinuxディストリビューションを顧客に提供することは、Cell/B.E.を中心としたエコシステムの確立に向けた施策のひとつであると、今回の買収の狙いを述べた。今後、米国および日本でのCell/B.E.向けLinuxおよびソフトウェアの開発サポートを強化すると共に、開発技術者の育成などを行い、Cell/B.E.の普及促進を図るという。

 Terra Softより譲り受けたLinux事業は、フィックスターズの100%出資子会社である米Fixstars Solutions Inc.が引き継ぎ、三木氏は同子会社のCEOを兼任する。また、前Terra SoftのCEOであるKai Staats氏も、COOとして同子会社に残る。なお、今回買収した事業による初年度の売り上げ見込みは約8000万円という。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]