MS、新規雇用を控える方針の継続を株主総会で説明--総会にはゲイツ氏も登場

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:大熊あつ子、長谷睦 2008年11月20日 12時14分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftの最高経営責任者(CEO)Steve Ballmer氏は米国時間11月19日、現在の新規雇用を控える方針について、2009年半ばを過ぎても継続する意向を株主に対して明らかにした。

 Ballmer氏の発言を引用すると、同社の従業員数は「今会計年度中、伸びが大幅に鈍化し、来年度もそうなるのではないかと思っている」という。Microsoftの今会計年度は2009年6月までなので、次の会計年度というと2010年半ばまでということになる。

 Ballmer氏がこう発言したのは、19日にMicrosoft本社のあるレドモンドからさほど遠くないワシントン州ベルビューで開かれた、同社の株主総会の席上でのことだった。Ballmer氏の発言はウェブキャストでライブ放送もされた。

 Microsoftは全面的な雇用凍結を否定した。しかし、同社は従業員の採用を大幅に縮小しており、なかには採用を中止している部門もあるようだ。

 予想できる話だが、Microsoftはこの困難な状況をたいていの企業よりうまく切り抜けられるはずだと、Ballmer氏は強調した。投資対象については慎重に絞り込むものの、「わが社の財務状態は強力なので、競争における優位な立場をいっそう強化するため継続的に(研究開発に)投資できる」と同氏は発言した。

 しかしBallmer氏は、Microsoftを含む業界が不況の影響を受けそうだとの見方も示した。

 「間違いなくそうなるはずだ」とBallmer氏は言い、「業界もわが社も、影響は逃れられないだろう。われわれは事業のあらゆる面を検証し」経費を削減するつもりだと述べた。

 この日の総会には会長のBill Gates氏も加わり、テクノロジの向かう先、および自身がMicrosoftにおけるフルタイムの仕事から離れたことを話題にBallmer氏と語り合った。

 Gates氏は、Microsoftからは離れがたく、ふと気がつくとこれまでの習慣が出て、レドモンドまで車を運転してしまうのではないかと思ったと、冗談交じりに語った。

 「もちろん、重要な会議のときは本社に行くのだが、今のところ、無意識に運転していってしまったことはない」とGates氏は述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化