編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

OSSアプリケーションサーバのサポート需要、Red HatのJBoss買収で伸長

吉澤亨史

2008-12-08 20:46

 ミック経済研究所は12月8日、オープンソースソフトウェア(OSS)サポート市場に関する実態の調査結果を発表した。

 この調査は、国内のハードウェアベンダーやSIベンダー、Linuxディストリビューターなど計40社を対象に、面接取材を中心に実施した。

 調査結果によると、OSSアプリケーションサーバのサポート需要が高まっていることがわかったという。2007年度の同市場規模は17億5000万円、前年度比75%増であった。2008年度においても前年度比60%増の高い伸びが見込まれている。

 OSSアプリケーションサーバは従来、ウェブシステムなどの小規模なシステム構築で利用されることが多かった。しかし大手LinuxディストリビューターであるRed Hatが2007年にOSSアプリケーションサーバベンダーのJBossを買収し、OSSアプリケーションサーバ「JBoss」の製品サポートを開始したことで、サポートが必須の大規模システムで利用されるケースが急増した。これに伴いサポートニーズが急速に高まってきているという。

 OSSミドルウェアのサポートサービスを提供している野村総合研究所やサイオステクノロジーなどにおいても、JBossを中心としたOSSアプリケーションサーバのサポート案件数が急増しているとのことだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]