サーバの主要3製品がそろって市場縮小--IDC Japanの調査から

吉澤亨史

2008-12-09 12:37

 IDC Japanは12月8日、2008年第3四半期(7月〜9月)の国内サーバ市場動向を発表した。市場規模は前年同期比9.7%減の1473億円、出荷台数は同2.8%減の15万6000台となった。

 2008年第2四半期は多数の大型案件がありプラス成長であったが、今期は一転した。サーバの買い控え圧力が強くなったためとみられる。

 製品分野別にみると、x86サーバ、RISC & IA64サーバ、メインフレームの主要3製品がそろって前年同期割れとなった。x86サーバの出荷金額は前年同期比9.9%減。x86サーバの出荷金額が5%を超える減少となった2002年第4四半期以来、23四半期ぶりとなる。RISCサーバ、IA64サーバ、ビジネスサーバの減少率は2桁に達した。

 ベンダー別では、富士通が4期ぶりに首位に返り咲いた。メインフレームとIA64サーバが好調だったためで、メインフレームは金融業向けと官公庁向け、IA64サーバは金融業向けの大型案件があった。前期1位だったIBMは2位に下がり、3位はNEC、4位は日本HPとなっている。今期は上位6社とも、出荷金額が前年同期を下回った。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]