編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

「OpenCL 1.0」が公開--アップル提案のAPI仕様が業界標準に

文:Brooke Crothers(Spacial to CNET News.com) 翻訳校正:矢倉美登里、高森郁哉

2008-12-10 13:54

 業界コンソーシアムのKhronos Groupはシンガポールで現地時間12月9日、API仕様「OpenCL 1.0」を公開した。OpenCLは、Appleが最初に提案したものだが、グラフィックチップ企業のNVIDIAやAdvanced Micro Devices(AMD)など多くの企業から支持を獲得し、業界標準となった。

 OpenCL(Open Computing Language)は、基本的には3Dグラフィックスとコンピュータオーディオのオープンな業界標準で、グラフィックスプロセッシングユニット(GPU)の性能を拡張することを目的とする。

 意外なことではないが、NVIDIAやAMDのグラフィックス部門であるATI Technologiesなど、グラフィックチップ企業は早々とOpenCL 1.0のサポートを表明している。NVIDIAとATIがそれぞれ12月9日に発表したほか、Khronos Groupも多数のサポート企業を含むより詳しい発表を行った。

 OpenCLの開発は、NVIDIAのGPUを使って進められてきた。NVIDIAはOpenCLに取り組むことを最初期に表明した企業の1つで、同社のグラフィックスチップはAppleの「MacBook」に搭載されている。

 他のコンピュータグラフィックス関連企業としては、Imagination TechnologiesやARMなどもOpenCLの支持を表明している。サポート企業の全リストは長大だが、主だったところでは3DLABS、Broadcom、Electronic Arts、Freescale、IBM、Intel、Nokia、Samsung、Texas Instruments(TI)などの名がある。

 OpenCLの言語自体(C言語をベースにしている)は、GPUとCPUの両方での並列コンピューティングをプログラムすることを想定したものだ。Appleは2008年6月に標準の候補としてOpenCLを提案し、「Mac OS 10.6」(開発コード名「Snow Leopard」)への搭載を目標に定めた。

 Snow LeopardでのAppleの目標は、数百ものコアを統合するGPUの驚異的な並列コンピューティング能力を、あらゆるアプリケーションが利用できるようにすることだ。

 AppleのSoftware Engineering担当シニアバイスプレジデントBertrand Serlet氏は、声明の中で次のように述べた。「われわれは、業界全体がOpenCLを支持したことを大いに喜んでいる。AppleがOpenCLを開発した目的は、Mac OS Xの次期メジャーアップデートであるSnow Leopardで動く各種アプリケーションが、これまでグラフィックアプリケーションしか使えなかった驚異的な処理能力を活用できるようにすることだ」

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]