LinuxがMac OS Xよりも優れている10のこと - (page 2)

文:Jack Wallen(Special to TechRepublic) 翻訳校正:村上雅章・野崎裕子

2008-12-23 08:00

#3:コマンド行

 Mac OS Xユーザーのほとんどは、異論を唱える(つまりコマンド行など必要ないと主張する)かもしれないが、パワーユーザーであればちゃんとした管理作業を行うためにコマンド行が必須であることを理解しているはずだ。この点から見ると、Mac OS XはLinuxよりも劣っていると言える。Linuxでは、行う必要のあることすべてをコマンド行から行えるようになっている。Mac OS Xではどうかって?幸運を祈る。確かにMac OS Xにも数多くのコマンド行ツールが用意されているものの、様々な作業を行う必要のある真の管理者にとって、それだけではまだ十分ではないのだ。Mac OS Xにおけるコマンド行ツールが、このように弱い理由は私には判らない。Appleは、なぜLinuxのcoreutils(基本コマンドを集めたパッケージ)をMac OS Xに移植しなかったのだろうか?Mac OS X上でcoreutilsをコンパイルできるようにすることを目的としたプロジェクトは存在しているものの、こういったパッケージは最初から含まれている方が望ましいはずだ。coreutilsパッケージは、あなたが必要とするほとんどすべての基本的なコマンドを含んだ大規模なツールキットである。Mac OS Xでは車輪を再発明しなければならないのだ。しかも、これはcoreutilsパッケージだけの話ではない。コマンド行からインストールを行いたい場合にはどうすればよいのだろうか?そして、コマンド行からセキュリティ管理を行いたい場合にはどうすればよいのだろうか?また、コマンド行からサービスを開始/終了させたい場合にはどうすればよいのだろうか?

#4:ハードウェア要件

 私は自宅にMacを2台持っている。1台は古いiBookであり、CPUは800MHz、RAM容量は512Mバイトだ。しかし、Mac OS Xを稼働させるには、このマシンでは遅すぎるのだ。ところがこのノートPCでも、Yellow Dog Linuxであればずっと軽快に動作する。ハードウェアはそのままでOSを変えただけにもかかわらずだ。もう1台のMacは、1.2GHzのPowerPC G4を搭載し、RAM容量は1Gバイトとなっている。そして私は、これと等価なIntelマシンでUbuntu 8.10を稼働させている。これらのマシンにおけるパフォーマンスは、比較にならないほど違っているのだ。Ubuntuを稼働させているマシンは、すべての点において(ブートからアプリケーションの起動まで)高速に動作する。では、Mac OS XとUbuntuそれぞれのハードウェア要件を見てみることにしよう。

  • Mac OS X:876MHz以上のCPU、512MバイトのRAM、9Gバイトのディスク空き容量
  • Ubuntu:700MHz以上のx86プロセッサ、384MバイトのRAM、8Gバイトのディスク空き容量

 これを見ると、Linuxの方が貧弱なマシンでも稼働できるのは明らかだ。さらに、Ubuntu 8.10はLinuxディストリビューションの中で最も最適化が行われているものというわけではない。なお、Mandriva Spring 2008はさらに貧弱なマシンでも稼働する(Mandrivaは、どのようなCPUでもRAMが256Mバイトあれば稼働すると主張している)。

 私はUbuntu 8.10よりもMac OS Xの方がずっとパフォーマンスが高いというベンチマークテストの結果を見たことがある。しかし私が実際にテストしたところ、結果はその主張とは相反するように感じた。私は、1.2GHzのPowerPC G4を搭載したiBookと、同じ1.2GHzのプロセッサ上で稼働させたUbuntu 8.10を用いて体感テストを実施したのだ。いずれのマシンも512MバイトのRAMが搭載されていた。Ubuntu機(ウィンドウマネージャはEnlightenment)では、Firefoxと、OpenOffice.orgのアプリケーション(ワードプロセッサと、表計算、プレゼンテーション)、Scribus、GIMP、Amarok、GnuCash、Thunderbird、BasKet、Audacity、GQview、Atermを動作させて初めてマシンの動作が遅くなり始めた。一方、Mac OS X機ではまったく状況が異なり、OpenOffice.orgのアプリケーションと、Firefox、Thunderbird、iTunesを動作させた時点でマシンの動作が遅くなり始めたのだ。動作が遅くなるまでに14個のアプリケーションを実行できるOSと4個のアプリケーションを実行できるOSだ。あなたの評価は異なるかもしれないが、私なら14個のアプリケーションが実行できる方に軍配を上げるだろう。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]