笑う門には福来たる--エリック松永の英語道場(16)

エリック松永 2009年01月19日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Happy new year!!

 2009年、どんな年明けになりましたか? 1年の目標をきちんと立てることは英語学習でも大事です。目標を苦行で達成する方もいらっしゃいますが、やはりエリック松永の英語道場としては1つ1つ楽しみつつ、気がついたら英語ができるようになっているのがいいなと思っています。今年1年、それぞれの目標に向かって頑張りましょう。

 この連載では去年に引き続き、英語に関するトピックを取り上げながら英語を楽しむヒントを紹介したいと思っているので、応援して下さいね。

楽しく1年を過ごすために

 やはり年の初めは笑って迎えたいもの。日本では、「笑う門には福来る」と言いますね。この表現、英語では何と言うのでしょうか。近い表現としては、

  • Fortune comes in by a merry gate.

があります。直訳すると、「幸せは、陽気な門から入ってくる」ですね。「笑う門には福来る」とかなり近い発想です。ただ、ここは英語道場。丸暗記してそのまま使っても芸がありませんから、いろんな英語表現を考えて楽しんでみましょう。

失恋した友人をなぐさめる

 ここで、私と友人が実際に会話した内容をお話ししたいと思います。

 クリスマスに告白した女性が、実は自分の親友のことが好きだと知ったJohn君。私はそんなことも知らずに、年が明けて楽しいお酒でも一緒に飲もうと誘った時にその話を聞きました。

Eric, I felt deeply in love with Cynthia since the first day I met her in Jazz Performance class. But broken-hearted for Christmas... She loves somebody else I know... (Eric、聞いてくれ。僕はジャズクラスでCynthiaに一目ぼれしたんだ。でも、クリスマスに失恋しちゃったよ。彼女は他の誰かを好きなんだ。それも僕の知ってるやつをね……)

 年明けの授業でCynthiaに会わなければいけない彼に、笑顔を取り戻してほしいですよね。そこで、2009年最初の授業です。「『笑う門には福来る』って言うじゃないか。笑って彼女と会おう」というニュアンスの言葉をかけてあげましょう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算