MozillaがFirefoxの7件のセキュリティホールを修正

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎 2009年02月05日 04時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Mozillaの主力ブラウザであるFirefox 3について、ユーザーを悪意のあるハッカーの攻撃にさらす、少なくとも7件の明文化されたセキュリティ上の脆弱性を修正する新たなバージョンが公開された。

 Firefox 3.0.6では、任意のコードを実行される攻撃につながる可能性のある、重要度が「最高」のセキュリティホール1件と、データ盗難に使われる可能性のある、重要度が「高」のバグ2件を修正している。

 詳細は以下の通りだ。

  • MFSA 2009-06: Web ページをキャッシュさせないことを目的とした特定の HTTP ディレクティブが Firefox 3 で無視されてしまうことが、Paul Nel 氏によって報告されました。該当するディレクティブは、HTTPS ページで用いられる Cache-Control: no-store と Cache-Control: no-cache です。共有のシステムでは、これらの HTTP ディレクティブに依存したアプリケーションが個人情報を曝してしまう潜在的な可能性がありました。システム上の他のユーザがこの脆弱性を利用すると、ブラウザの戻るボタンでページを遷移することで、不適切にキャッシュされた個人情報が含まれるページを表示することが可能でした。
  • MFSA 2009-05:HTTPOnly 属性の指定された Cookie が、XMLHttpRequest.getResponseHeader と XMLHttpRequest.getAllResponseHeaders API を通じて JavaScript によって読み取り可能であることが、開発者で Mozilla コミュニティメンバーの Wladimir Palant 氏によって報告されました。この脆弱性は、document.cookie への JavaScript アクセスを制限することを意図した、HTTPOnly フラグによって提供されるセキュリティ機構を回避するものでした。
  • MFSA 2009-04: (重要度:中)以前 Liu Die Yu 氏によって報告された、ローカルインターネットショートカットファイルを用いて他のサイトにアクセスできてしまう脆弱性 (MFSA 2008-47) の修正が、about:plugins など特権を持つ about: URL へのリダイレクトによって回避できてしまうことが、Mozilla セキュリティ研究者の Georgi Guninski 氏によって報告されました。悪質な HTML ファイルと .desktop ショートカットファイルという 2 つのファイルを、攻撃者が被害者にダウンロードさせることができた場合、そのショートカットを通じて HTML ドキュメントからクローム特権を持つドキュメントを読み込ませ、両方のドキュメントを生成元が同一であるかのようにブラウザに扱わせることが可能でした。この脆弱性は、攻撃者によって、クロームドキュメントに任意のコードを注入し、それをクローム特権で実行するのに利用される、潜在的な可能性をはらむものでした。この攻撃は複雑さの度合いが比較的高いことから、問題の重要度は「中」と判断されました。
  • MFSA 2009-03:(重要度:高)フォーム入力コントロールの種類を閉じたタブの復元時に変更できてしまうことが、Mozilla セキュリティ研究者の moz_bug_r_a4 氏によって報告されました。攻撃者は、入力コントロールのテキスト値を、攻撃者にとって既知の場所にあるローカルファイルのパスに書き換えることが可能でした。さらに、その後タブが閉じられ、被害者がそれを開き直すよう誘導された場合、攻撃者はこの脆弱性を利用して、そのタブの復元時に入力コントロールの種類を file に変更することが可能でした。その際、ページ内のスクリプトでフォームを自動的に送信することで、ユーザのローカルファイルの中身を読み取ることができてしまいました。
  • MFSA 2009-02:(重要度:高)クローム XBL メソッドを window.eval と組み合わせることで、同一生成元ポリシーに反して、他の Web サイトのコンテキストで任意の JavaScript を実行できてしまうことが、Mozilla セキュリティ研究者の moz_bug_r_a4 氏によって報告されました。Firefox 2 はこの問題の影響を受けません。修正版にアップグレードするまで JavaScript を無効にしてください。
  • MFSA 2009-01:(重要度:最高)Firefox やその他の Mozilla ベースの製品で利用されているブラウザエンジンに含まれていた安定性に関するいくつかのバグを、Mozilla 開発者が特定、修正しました。これらクラッシュの一部は、特定状況下でメモリ破壊の形跡が見られ、条件が整えば任意のコード実行に利用可能と思われるものでした。

 このパッチは、Firefoxに組み込まれているアップデートの仕組みで自動的に提供される。すべてのFirefoxをインストールしているユーザーは、ブラウザを使っているかどうかに関わらず、今回のパッチを優先度の高いアップデートとして取り扱うべきだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化