編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

サン・マイクロシステムズ、JavaFX Mobileの出荷を開始

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2009-02-12 16:03

 Sun Microsystemsは米国時間2月12日、JavaFX Mobileの出荷を開始する。今回は、3段階にわたる同技術のデビューの第2段階にあたる。SunはJavaFX Mobileを通して、Java技術を更新し、ソフトウェアの設計を容易にすることを狙っている。

 JavaFX Mobileは、携帯電話上のグラフィクスやアニメーションなどのインターフェースを処理するプラットフォーム。2008年12月にリリースされた、デスクトップ向けのJavaFXや、今後リリース予定のテレビ用JavaFXと類似の機能をもつ。

 Sunはあわせて、同技術を支持するパートナー企業を発表する。このたびパートナー企業になったのは、携帯電話メーカーのSony EricssonとLG Electronics、携帯電話事業者のSprintとOrange、ソフトウェアプロバイダーのCynergyとMobiTVである。Sunのマーケティング担当シニアディレクターParam Singh氏は、JavaFXを搭載する携帯電話の出荷時期について、2009年末の開始もあり得るが、2010年には確実に始まるだろうと述べる。

 SunはJavaFXの提供を通して、洗練されたユーザーインターフェースのJavaプログラムが容易に開発できるようにしたいと考えている。技術が世に送り出されたとき、携帯電話ユーザーは「表現豊かで素晴らしいだけでなく、機能性に優れたアプリケーションを目にすることになる」とSingh氏は述べる。

 JavaFXは携帯電話用アプリケーションの作成において大きな役割を果たすが、すべての役割を担うわけではない。Sunは、JavaFX Mobileを従来のJava Micro Editionと連携させて、Bluetooth通信やカメラ、GPSなどの機能にアクセスできることも発表する予定だ。

 JavaFXのソフトウェア開発キット(Software Development Kit:SDK)にはJavaFX対応の携帯電話が手元になくてもソフトウェアをテストできるエミュレータが含まれることも、明らかにされる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]