編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

Windows 7、2009年内に正式リリースとの情報--複数の業界関係者が語る

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟

2009-02-13 06:54

 まだ公式に明言することを拒んではいるものの、Microsoftは、2009年内に「Windows 7」をリリースする計画を順調に進めている。

 アジアおよび米国内のPC業界の複数情報筋がCNET Newsに語った話では、これまでもMicrosoft社内では目標に掲げられてきたが、2009年末のホリデーショッピングシーズンに間に合わせるべく、Windows 7のリリース準備が進行しているという。

 また、Microsoftは、これから「Windows Vista」を購入するユーザーに対して、無料または低価格でWindows 7にアップグレード可能な販売プログラムの、最終的な準備段階に入っている。この販売プログラムは、早ければ7月にも提供が開始される可能性が高いと、複数の情報筋が伝えている。

 Microsoftは、過去にも、この種の「アップグレード保証」プログラムを提供していた。これにより、各PCメーカーは提供基準の詳細を自由に定められるようになっていたものの、基本的な内容としては、購入者が、定められた期間を経た後、次期バージョンのOSへと無料でアップグレードできるケースが多かった(TechArpは、Microsoftが提供を計画している「Windows 7 Upgrade Program」について、さらなる詳細を伝えている)。

 1月に開催された2009 Consumer Electronic Show(CES)でのインタビューでは、MicrosoftのシニアバイスプレジデントであるBill Veghte氏が、今後のカスタマーフィードバック次第では、引き続きリリース時期が2010年までずれ込む可能性があると警告した。

 (Windows 7が2009年の年末商戦に間に合うかどうかに関して)Veghte氏は、「PCメーカーには、間に合うかもしれないし、間に合わないかもしれないと伝えている。品質が適正と判断したら出荷を開始する。早いほうがよいが、エコシステムのサポートと品質を犠牲にするつもりはない」と、1月のインタビューでは語っていた。

 これは、依然としてMicrosoftの公式見解であるものの、PC業界の複数情報筋がCNET Newsに語っているように、すでに事態は、Windows 7を搭載したPCを、2009年末のホリデーシーズンに合わせてリリースすべく進展している。

 Windows 7のベータ版に対する反響は、よりOSの基本的な構造に関するアップデートが関係し、多くの問題が続出したWindows Vistaの時とは、大きく異なっている。Windows 7では、改良されたタスクバーや、さらなるパフォーマンスの改善といった変更点が追加されたものの、基本的な構造は、大部分がWindows Vistaと似通ったものになっている。

 このほどMicrosoftは、当初の計画通り、Windows 7のベータ版提供は1種類のみになると、改めて明らかにした。1月に提供が開始されたWindows 7のベータ版は、今週、そのダウンロード提供期間が終了した。Microsoftは、次回テスト版が最終版に近いリリース候補(RC)版になると述べたものの、そのリリース時期に関しては、何ら明らかにされていない。

 Microsoftは2月に入って、少なくとも6つの異なるバージョンで、Windows 7の提供を予定していることを明言した。もっとも米国内で販売されるほとんどすべてのPCには、「Home Premium」または「Professional」のいずれかが搭載されることになるという(参考までに、Microsoftは、2006年2月にWindows Vistaのバージョン構成を発表し、結局のところ、2006年11月にビジネスユーザー向けに提供を開始した経緯がある)。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]