マイクロソフトの悪夢:Windows 7のセキュリティはVistaに劣る?

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2009年02月05日 20時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoft関係者は(少なくとも公に)言うことはないだろうが、「Windows 7」の主要なセールスポイントのひとつは、「アンチVista」となりそうだという点である。これは速くて、小型で、信頼性が高くそして・・・セキュリティが低く?なるはずだ。

 Microsoftが引き続きWindows 7のコンポーネントのひとつである――User Account Control(UAC)機能――に関して現在の路線をとり続けるなら、同社はWindows 7が「Vista」よりもセキュリティが低くなるという取り返しのつかない状況に陥る可能性があると、一部のテスターは述べている。

 2人のWindows愛好家でブロガーであるLong Zheng氏とRafael Riviera氏は、現在Windows 7でデフォルトとして設定されているUACセッティングのなかに、1つだけでなく2つの深刻と思われるセキュリティ上の弱点を発見した。彼らが(それについてMicrosoftと非公式に対話した後に)最初に発表した弱点は、UACを無効にするマルウェアを許すというものである。もう1つは、マルウェアがユーザーに通知せずに、自動的に昇格するというものである。これまでMicrosoftからの回答は、この新しいUACデフォルトは「意図的に」そのように設定されたのであり、問題はないというものであった。

 筆者は米国時間2月3日に再びMicrosoftに対し、今でもWindows 7でのUACのデフォルト設定はそれで良いという声明を維持しているかと質問した。Microsoftは筆者が誰にも直接話すことを認めなかったが、代わりにこの声明(以下の箇条書きの形式で)を提示した:

  • 「これは脆弱性ではない。UACのデフォルトコンフィギュレーションの意図は、ユーザーがWindows設定に変更を加える際に、プロンプトを提示されないことである。これにはUACのプロンプティングレベルの変更も含まれる。
  • MicrosoftはUACにおけるUACのプロンプティング行為に関して多大なユーザビリティフィードバックを受けている。そしてユーザーのフィードバックに従って変更を加えた。
  • UACはユーザーがソフトウェアをユーザー(非管理者)の権利下で動作することを可能とするように意図された機能であり、われわれはこれを「Standard User」と言及している。Standard Userとしてソフトウェアを動作することで、セキュリティを向上させ、TCOを削減する。
  • ユーザーが認識せずにこれを変更できる唯一の手段は、すでにボックス上で動作している悪質なコードによるものである。
  • 悪質なコードがこのボックスに入り込むには、何かしら他のものがすでに破壊されている(またはユーザーが明白に承諾している)。」

 筆者はセキュリティまたはWindowsの内部専門家ではない。しかし筆者はWindowsの仕組みについてひとつや2つなら知っているというある人物に質問した。彼は匿名を望んだ。彼は、現在のWindows 7 UACセッティングは構想からして不備があると述べた。それは非Windowsバイナリだけに対してプロンプトを提示すべきでない(それがWindows 7のデフォルトのセッティングである)という。

 「問題は、WSH(Windows Script Host)のようなものは、Windowsの一部として含まれており、もしスクリプティングホストまたはWSHやPower Shellといった他の「Windows」コンポーネントが、悪質なソフトウェアによりUIを動かすために利用されることができれば、このような裏技をやってのけることはいとも簡単だ。現在の形では、Win 7はデフォルト設定では、Vistaと比べて、通りすがりのマルウェアを制止する能力がはるかに低い恐れがあるために、これは大きな問題である。」

 換言すると、UACセッティングがこのままだとすると、Windows 7はVistaよりもセキュリティが低いとみられるかもしれない、ということである。なんてことだ。

 Microsoftの現在の広範なWindows 7ベータ版が本当のベータであるなら(筆者が過去に論じたように、単なる名称だけでなく)、引き続きMicrosoftはWindows 7をより優れた製品に変えるためにテスターのフィードバックを利用する計画のはずだ。確かに、ある機能を修正するまたは変更しなければならないことは、巧妙に練られたWindows 7の出荷スケジュールを逸脱させる危険性がある。しかし、外部のテスターに自社のコードを見せることの意義は、潜在的な問題を発見してもらうことではないか?そしてWindows のセキュリティを改善することは、今でもWindowsチームにとって最優先の目標なのではないか?

 読者はどう思いますか?MicrosoftはVistaほど嫌われないようにするために、UACについて実施したことを再考しなければならないのか?

アップデート:AeroXperience.orgのBryant Zadegan氏がUACの議論について、新たな検討材料を付け加えた。その結論はこうだ:「私はWindows 7が大好きだ。しかしあるチームが重大で証明されたセキュリティバグを「意図的に」として報告を終わらせるとなると、私はどう考えてよいかわからない。」

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化