予想通り:MSはWindows 7でUACを微調整する予定

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2008年10月10日 04時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftの「Engineering Windows 7」ブログの最新の記事で、同社関係者は、みなが予想していた通りのことを認めた:MicrosoftはUser Account Control(UAC)機能を「Windows 7」で微調整する予定である。

 「Windows Vista」で初登場したUACは、ユーザーに対し、デフォルトでは最高の管理者権限ではなく、標準的なユーザー権限を提供するものだ。Microsoftはこのような変更により、ユーザーが自分自身から自身を守ることができるだろうと主張していた。これによりユーザーが偶然にシステム設定を修正するとか、アンチウイルスソフトウェアを無効にするなどということがなくなるというのだ。UACがオンになっているときに、ユーザーが「リスキーな」行為に従事しているとシステムが考えると、ユーザーは説明の乏しい多数の通知を受け取る。

 MicrosoftはWindows 7でUACを排除するのではないと、コアOS開発のプレジデントを務めるBen Fathi氏(と彼のチームのその他)はE7ブログの米国時間10月8日の記事で述べている。そうではなく同社は「(UACの)プロンプト自体の顧客フィードバックと満足度の問題に対応する」予定であると、Fathi氏はブログで述べている。同氏は、Windows 7でMicrosoftはUACに関して2つの最も重要な目標を立てているという。同氏の記事から以下の通りである:

 「みなさんが不満を感じていることを、はっきりと聞きました。プロンプトが頻繁すぎる、わずらわしい、紛らわしい、と感じていらっしゃる。われわれは引き続きシステムにどんな変化が起こりうるかに対するコントロールをみなさんに提供しながら、全体としては向上した体験を提供したいと思います。これは2つの主要な原則に注力することで達成できると考えました。1)UAC通知に対して及ぼすことができるコントロールの範囲を拡大します。システムに加えた変更に対するコントロールを引き続き利用者に提供しますが、Windows 7ではまた、管理者としてシステムを利用するときに、自分で受け取る通知の範囲を定めることができるようなオプションも提供します。2)ユーザーインターフェースで追加的に、さらに関連性の深い情報を提供します。ダイアログUIを改善することにより、利用者が理解を深め、もっとよく情報を得てから選択できるようにします。」

 Windows 7では、Microsoftは不必要で重複したプロンプトを削減するように試みる;プロンプトにもっと説明を入れる;そして「(UAC)メカニズムに対して改善されたもっと明瞭なコントロール」を提供するとFathi氏はブログで述べていた。

 Fathi氏は、Windows Vistaにおいてセキュリティ向上の名目で導入された当初のUAC封鎖よりは、刷新されたUACシステムが嫌われないですむことに自信を持っていると述べた。同氏の記事からさらに以下の通りである:

 「社内のユーザビリティテストを通して、この原則に基づいた新しいデザインコンセプトをすでに動作させているが、非常にポジティブな結果がみられている。参加者の83%が、自分たちが見ているダイアログがなぜ出ているかについて、具体的な理由の詳細を示すことができた。参加者は、新しいコンセプトが『シンプル』であり、『検証された発行者をハイライト』し、『ファイルの出所を提供』し、また『有意義な質問をする』ためにそれを好んでいた。」

 UACはVistaで最も嫌われた機能のひとつのようだ。(「UACをどうすれば無効にできるか」とウェブで検索してみると、このような主張に対する非公式な証拠が見られる。)Microsoftがこれまでに明かした内容からして、Windows 7で提案されているUACの変更は、これまでにUACに傷つけられたVistaの評判を取り戻すに至ると思いますか?

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化